器官解剖学

Organ Anatomy

基礎医学, 分子生物学・細胞生物学

脂肪酸による様々な生体応答の分子メカニズム解明

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

大和田 祐二大和田 祐二

大和田 祐二教授

OWADA, Yuji Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8039

E-Mail:owada*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.organ-anatomy.med.tohoku.ac.jp

その他の教員・スタッフ
  • 尾形 雅君講師

    Lect. OGATA, Masaki

  • 香川 慶輝助教

    Assistant Prof. KAGAWA, Yoshiteru

  • 安本 有希助教

    Assistant Prof. YASUMOTO, Yuki

この分野の研究テーマ

  • 脳の脂質恒常性と高次脳機能の関連
  • 大脳皮質形成の分子メカニズム

研究キーワード

脂肪酸結合蛋白質, 脂質, 大脳皮質, リンパ球, 遺伝子ノックアウトマウス

技術キーワード

免疫組織化学, 電子顕微鏡, 細胞培養, 生細胞イメージング, ジーンターゲティング

分野の紹介

脂肪酸は生体にとって不可欠な栄養素であり、あらゆる生命現象に関与します。脂肪酸の過剰摂取が肥満や糖尿病の原因となり社会的な問題となっている一方で、脂肪酸の摂取不足が疾患を引き起こすことも知られています。私たちの研究室では、脂肪酸の働きに関わる分子機構を解明するために、個体・細胞レベルでの解析を行っています。着目しているのは、脂肪酸結合蛋白質(FABP)という分子です。FABPは、アラキドン酸やドコサヘキサエン酸(DHA)などの水に不溶な長鎖脂肪酸に結合し、可溶化することによって、細胞内の様々な機能に関わると考えられています。FABPは、分子ファミリーを形成し、器官や細胞種により多様な発現を示しますが、私たちが興味をもっているのは、免疫系細胞や脳におけるFABPの機能です。脂肪酸が関与する免疫の調節や、記憶や情動活動などの脳機能に対するFABP分子の関与機構を生体・細胞レベルで解明することによって、ヒトの炎症性疾患や精神神経疾患にアプローチしたい、と考えています。

Figure 1 FABPによる細胞内脂肪酸代謝制御
Figure 1 FABPによる細胞内脂肪酸代謝制御
Figure 2 FABP7による膜脂質ラフトの制御
Figure 2 FABP7による膜脂質ラフトの制御

主な論文

  • Kagawa, Y., et al. Fatty acid-binding protein 7 regulates function of caveolae in astrocytes through expression of caveolin-1. Glia, 63, 780-794, 2015
  • Islam, A., et al. Fatty acid binding protein 3 is involved in n-3 and n-6 PUFA transport in mouse trophoblasts. J Nutr, 144, 1509-1516, 2014
  • Shimamoto, C., et al. Functional characterization of FABP3, 5 and 7 gene variants identified in schizophrenia and autism spectrum disorder and mouse behavioral studies. Hum Mol Genet, 23, 6495-6511, 2014
  • Miyazaki, H., et al. Fatty acid binding protein 7 regulates phagocytosis and cytokine production in Kupffer cells during liver injury. Am J Pathol, 184, 2505-2515, 2014
  • Shioda, N., et al. FABP3 protein promotes α-synuclein oligomerization associated with 1-methyl-1,2,3,6-tetrahydropiridine-induced neurotoxicity. J Biol Chem, 289, 18957-18965, 2014

OB・OGの主な進路

大学・企業の研究者、医師、歯科医師、薬剤師、公務員、臨床検査技師

担当教員より進学志望者へのメッセージ

2015年4月に新しくスタートした研究室です。様々な専門を持ったスタッフや学生が集まり、楽しく研究に打ち込んでいます。神経科学、栄養学、形態学に興味がある方、気軽に連絡をください。

pagetop