細胞生理学

Cell Physiology

基礎医学, 生理学

イオンチャネルの把握

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

虫明 元虫明 元

虫明 元教授

MUSHIAKE, Hajime Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8066

この分野の研究テーマ

  • リンパ球Kチャネルの生理的・病的意義
  • TRPチャネルの構造機能連関

研究キーワード

イオンチャネル解析, 小胞体膜, チャネル構造解析, 臓器病態生理

技術キーワード

パッチクランプ法, 顕微画像解析, 臓器病態モデル構築, 細胞内小器官膜標本

分野の紹介

細胞膜イオンチャネルの機能を、電気生理学は高分解能で解析する。Milisecondの速度・pico-ampere (10-12 ampere) の振幅領域での計測技術(patch-clamp法)は高速・繊細である。研究のための基礎技術であり、同方法による分泌腺・溶液分泌の研究(Calcium-activated potassium channels and their role in secretion. Petersen, OH, and Maruyama, Y. Nature 307: 693-696, 1984)は、現在、分泌腺・核膜イオンチャネルの研究に続いている。 研究はイオンチャネルが存在する膜のすべて(細胞膜・核膜・ミトコンドリア内膜)を含み、どのような細胞・膜系であろうと躊躇しない。シグナル伝達機序、薬剤効果、分子生物学、細胞顕微操作、との境界は低い。膵腺、唾液腺、涙腺、血小板、巨核球、リンパ球、肥満細胞、副腎髄質・皮質細胞、微細血管周囲細胞、各種培養細胞、を扱える。

Figure 1 パッチクランプ実験装置一式
Figure 1 パッチクランプ実験装置一式

主な論文

  • Kazama I. Physiological Significance of Delayed Rectifier K+-Channels (Kv1.3) Expressed in T lymphocytes and Their Pathological Significance in Chronic Kidney Disease. J Physiol Sci, 2014 .
  • Kazama I et al.. Voltage-Dependent Biphasic Effects of Chloroquine on Delayed Rectifier K+-Channel Currents in Murine Thymocytes. J Physiol Sci, 62, pp267-274, 2012
  • Ohsaga A et al. Asymmetry of Rb+ conduction emerged under bi-ionic conditions in epithelial Maxi-K+ channels. J. Physiol. Sci. 58: 363-369, 2008.
  • Murata Y. et al Phosphoinositide phosphatase activity coupled to an intrinsic voltage sensor. Nature. 435(7046):1239-43. 2005.
  • Oshiro, T. et al. Delayed expression of large conductance K+ channels reshaping agonist-induced currents in mouse pancreatic acinar cells. Journal of Physiology, 563:379-391, 2005.

OB・OGの主な進路

大学医学部 基礎医学 助教

担当教員より進学志望者へのメッセージ

医学ことにその生理学的側面を研究対象としている。電気生理学的技術の習得より開始する。各人に装置一式を任せるので自由に使用してほしい。各志望者の創意を歓迎する。

pagetop