耳鼻咽喉・頭頸部外科学(耳鼻咽喉・頭頸部外科)

Otolaryngology-Head and Neck Surgery

臨床医学, 分子生物学・細胞生物学, 腫瘍学

聴覚機能の回復と音声・嚥下機能障害の克服を目指して

医科学専攻

障害科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

香取 幸夫香取 幸夫

香取 幸夫教授

KATORI, Yukio Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7301

E-Mail:yukatori*orl.med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.orl.med.tohoku.ac.jp/index.html

この分野の研究テーマ

  • 内耳および中枢の音受容機構に関する研究
  • 頭頸部がんに対する機能温存治療の研究

研究キーワード

難聴, 人工聴覚器, 頭頸部がん, 音声・嚥下障害, 組織解剖学

技術キーワード

人工内耳, 分子生物学的手法, 免疫組織化学, 電気生理学的手法, 電子顕微鏡観察

分野の紹介

当分野では「聴覚」・「頭頸部がん」・「嚥下」を主要なテーマに据え、頭頸部の広い領域において研究を進めています。
(1)内耳および中枢の音受容機構に関する研究、(2) 人工内耳に関する研究、(3)中耳、上気道の感染・アレルギー性炎症の研究、(4)頭頸部がんの発症機序に関する研究、(5)頭頸部がんに対する機能温存治療の研究、(6)真珠腫の治療法に関する研究、(7)難治性耳管開放症の研究、(8)頭蓋底疾患の治療に関する研究、(9)嚥下に関与する咽頭、頸部の筋運動に関する研究、(10)重度嚥下障害に対する低侵襲な手術の研究、(11)声帯麻痺による音声障害の治療に関する研究、など、幅広い研究を行っています。
これらの研究は、東北大学病院における耳鼻咽喉・頭頸部外科の臨床活動と対応し、各領域における高いレベルの診療を作り上げています。

Figure 1 聴性脳幹インプラント用の多チャンネル電極
Figure 1 聴性脳幹インプラント用の多チャンネル電極
Figure 2 音声に関わる喉頭輪状甲状関節の機能解剖
Figure 2 音声に関わる喉頭輪状甲状関節の機能解剖

主な論文

  • Oshima H, Ikeda R, Nomura K, Yamazaki M, Hidaka H, Katori Y, Oshima T, Kawase T, Kobayashi T. (2014) Change in endocochlear potential during experimental insertion of a simulated cochlear implant electrode in the guinea pig. Otol Neurotol. 35(2):234-40.
  • Kawamoto A, Katori Y, Honkura Y, Kakuta R, Higashi K, Ogura M, Miyazaki M, Arakawa K, Kashima K, Asada Y, Matsuura K. (2014) Central-part laryngectomy is a useful and less invasive surgical procedure for resolution of intractable aspiration. Eur Arch Otorhinolaryngol. 271(5):1149-55.
  • Hidaka H, Yamaguchi T, Hasegawa J,Yano H, Kakuta R, Ozawa D, Katori Y. (2014) Clinical and bacteriological influence of diabetes mellitus on deep neck infection: a systematic review and meta-analysis. Head Neck, Epub ahead of print.
  • Yamauchi D, Yamazaki M, Ohta J, Kadowaki S, Nomura K, Hidaka H, Oshima T, Kawase T, Katori Y. (2014) Closure technique for labyrinthine fistula by “underwater” endoscopic ear surgery. Laryngoscope. Epub ahead of print.
  • Kakuta R, Yano H, Hidaka H, Miyazaki H, Irimada M, Oda K, Arai K, Ozawa D, Takahashi T, Kaku M, Katori Y. (2014) Severe acute otitis media caused by mucoid streptococcus pyogenes in a previously healthy adult. Tohoku J Exp Med. 232(4):301-4.

OB・OGの主な進路

医育機関の教官、基幹病院の指導医、診療所開設

担当教員より進学志望者へのメッセージ

私達は聴覚・発声・嚥下など患者さんの機能の回復に寄与する研究や、頭頸部がんの低侵襲治療に役立つ基礎的実験を進めています。随時、ご来訪・ご質問をお願いします。

pagetop