看護アセスメント学

Science of Nursing Practice

看護学, 生理学

生理学的手法、免疫学的手法により、看護技術を科学的に検証する

保健学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

丸山 良子丸山 良子

丸山 良子教授

MARUYAMA, Ryoko Professor, R.N. Ph.D.

TEL:022-717-7484

E-Mail:maruyama*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.snp.med.tohoku.ac.jp/

その他の教員・スタッフ
  • 菅野 恵美講師

    Lect.KANNO, Emi

  • 丹野 寛大助教

    Assistant Prof.TANNO, Hiromasa

この分野の研究テーマ

  • 生理学的指標を用いた看護技術やケアの検証
  • 性ホルモンと自律神経活動の関連性

研究キーワード

呼吸, 自律神経活動, 看護技術, 創傷治癒, 感染

技術キーワード

心拍変動解析, 動物実験, 免疫学的解析

分野の紹介

当分野では、看護の対象となる人々への適切な日常生活援助を行うために必要なアセスメントの方法、さらに科学的根拠に基づく看護援助技術の開発およびその検証に関する研究を行っています。実は、日常的に行われている看護技術のエビデンスは乏しく、経験的に行われているケアが少なくありません。そのため、近年、世界的にも実験的手法を用いた看護技術検証の必要性が唱えられています。
私たちは現在、「体位変換による自律神経の変化」、「出生体重と循環動態・自律神経活動の関連」、「微生物負荷が創傷にもたらす影響」「皮膚創傷治癒過程におけるナチュラルキラーT細胞の役割」等の多岐にわたるテーマに取り組んでいます。これらの研究により、新たな知見を明らかにし、人々の健康維持に寄与できる医療・看護技術の開発を目指しています。

Figure 1 創傷治癒関連因子
Figure 1 創傷治癒関連因子
Figure 2 微生物負荷が創傷にもたらす影響
Figure 2 微生物負荷が創傷にもたらす影響

主な論文

  • Sarina Bao, et al. Blunted Autonomic Responses and Low-Grade Inflammation in Mongolian Adults Born at Low Birth weight. Tohoku J Exp Med 240. 171-179, 2016
  • Tanno H, et al. Contribution of invariant natural killer T cells to skin wound healing. Am J Pathol 185(12): 3248-3257, 2015
  • Sasaki K, Maruyama R. Consciously controlled breathing decreases the high-frequency component of heart rate variability by inhibiting cardiac parasympathetic nerve activity. Tohoku J Exp Med. 233(3): 155-163, 2014
  • Kanno E, et al. Neutrophil-derived tumor necrosis factor-α contributes to acute wound healing promoted by N-(3-oxododecanoyl)-L-homoserine lactone from Pseudomonas aeruginosa. J Dermatol Sci. 70(2): 130-138, 2013
  • Kanno E, et al. Wound healing in skin promoted by inoculation with Pseudomonas aeruginosa PAO1: the critical role of tumor necrosis factor-α secreted from infiltrating neutrophils. Wound Rep Regen. 19(5): 608-621, 2011

OB・OGの主な進路

医療機関 (看護師)、市町村 (保健師)、養護教諭、研究・教育機関 (大学教員)

担当教員より進学志望者へのメッセージ

当分野では、科学的根拠に基づく看護技術の開発・検証に興味を持ち、新たな事象の解明に意欲的な方を求めています。学部学生から大学院生まで様々な方の参加を歓迎します。

pagetop