医学情報学

Medical Informatics

公衆衛生学, バイオインフォマティクス

実践的医療情報学を目指す

公衆衛生学専攻

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

中山 雅晴中山 雅晴

中山 雅晴教授

NAKAYAMA, Masaharu Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7572

E-Mail:msi*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.msi.med.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • 臨床現場にとって有用な病院情報システムや地域医療連携システムの開発
  • 標準ストレージ形式を用いた医療情報のバックアップ、復旧、データ活用

研究キーワード

医療情報学, 医療ビッグデータ, データベース, 標準化, 災害医療

技術キーワード

病院情報システム, 地域医療連携システム, 標準化, データベース, SEAMAT

分野の紹介

医学情報学分野は、実践的医療情報学を掲げ、臨床現場にとって有用な病院情報システムや地域医療連携システムの開発、臨床研究に役立つデータ活用・基盤整備、ゲノム・オミックスデータと診療情報とを統合した精密医療の推進、災害時に有用な医療情報システムの確立、CDISCやIHE等国際標準化への貢献、などの課題を中心に取り組んでいます。
デジタル情報化が進み、世の中ではビッグデータの活用が期待されています。もちろん医療においてもその期待は大きく、新しい知見やそれに基づく臨床への還元が求められています。我々は現実の問題を一つ一つ解決し、正確性のある大規模データの収集と活用を目指します。また、On the Job Trainingを実施しながら、医療情報システム・臨床・基礎医学、それぞれに精通した横断的人材を育成します。

Figure 1 研究内容
Figure 1 研究内容

主な論文

  • Ishii T, Nakayama M, et al. Development and Verification of a Mobile Shelter Assessment System "Rapid Assessment System of Evacuation Center Condition Featuring Gonryo and Miyagi (RASECC-GM)" for Major Disasters. Prehosp Disaster Med. 31(5):539-46, 2016
  • Nakayama M, Inoue R. The need for standardization of allergy information in electronic medical record among Japanese hospitals. Stud Health Technol Inform. 205:1257, 2014
  • Nakayama M, Takeda M, Asaumi Y, Shimokawa H. Identification and visualization of stimulus-specific transcriptional activity in cardiac hypertrophy in mice. Int J Cardiovasc Imaging. 30(1):211-9, 2014
  • Nakayama M, Shimokawa H. Evaluation of an electrocardiogram on QR code. Stud Health Technol Inform. 192:1020, 2013 (Medinfo 2013 Distinguished Poster Award)
  • Nakayama M, Osaki S, Shimokawa H. Validation of mortality risk stratification models for cardiovascular disease. Am J Cardiol. 108(3):391-6, 2011

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

本教室は実践的な医療情報学を目指し、ツール開発、システム構築、データベース整備などに取り組んでいます。今後発展が期待される分野を一緒にやりませんか。

pagetop