分子病態治療学

Molecular Medicine and Therapy

基礎医学

医薬品開発 ~創薬から医師主導治験までアカデミアで繋ぐ~

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

宮田 敏男宮田 敏男

宮田 敏男教授

MIYATA, Toshio Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8157

E-Mail:souyakulab*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://miyatalab.jimdo.com/

その他の教員・スタッフ
  • 段 孝准教授

    Assoc. Prof. DAN, Takashi

この分野の研究テーマ

  • カルボニルストレス阻害薬開発
  • プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター阻害薬開発

研究キーワード

創薬・臨床研究, 探索的早期臨床試験, マイクロドーズ試験, カルボニルストレス, PAI-1

技術キーワード

インシリコ創薬, 構造最適化, 標的探索, 非臨床試験, 臨床試験

分野の紹介

製薬企業が取り組んでいる「創薬」の領域は限られています。同じようなスタチン系高脂血症治療薬や降圧薬が数多くの製薬企業から次々と販売されているにもかかわらず、オーファンや製薬企業が取り組まないが社会的に重要な疾患群(例えば腎臓病)の創薬は思うように進んでいません。これら領域で有用な薬剤の開発を進めていくことは、患者に少しでも良い医療を還元したいと希望する臨床医の責務の1つとも考えます。
私の研究室(附属創生応用医学研究センター 分子病態治療学分野)では、「大学からの創薬(治療薬の開発)」を目的として、医科学(生物学)・構造生物学・薬学・化学・コンピューター工学の異分野融合、学際領域研究で取り組んでおります。また、ゲノム情報を応用して効率的に薬剤の投与や開発に活かすファーマコゲノミクスや、規制当局との相互理解と薬剤開発の円滑化を目指したレギュラトリーサイエンスといった最新の手法を駆使し、創薬手法そのものに対する開発及びその実践も行っています。当研究室では、基礎研究のみならず、薬剤探索(Hit discovery)、構造最適化(Lead optimization)、動物薬効評価(Validation in animals)、前臨床試験、医師主導治験(フェーズⅠ、Ⅱa)まで含めた広い領域でのトランスレーショナルリサーチに取り組んでいただけます。

Figure 1 基礎から臨床まで統合したアカデミア発創薬
Figure 1 基礎から臨床まで統合したアカデミア発創薬

主な論文

  • Eren M, et al. PAI-1-regulated extracellular proteolysis governs senescence and survival in Klotho mice. Proc Natl Acad Sci USA. 111(19):7090-7095,2014
  • Miyata T, et al. Drug discovery in renal disease ?towards a more efficient framework. Nature Review Nephrology. 10(5):290-6,2014
  • Remuzzi G, et al. Kidney failure: aims for the next 10 years and barriers to success. Lancet. 382(9899):353-362,2013
  • Miyata T, Suzuki N, van Ypersele de Strihou C. Diabetic nephropathy: Are there new and potentially promising therapies targeting oxygen biology? Kidney Int. 84(4):693-702,2013
  • Mori T, Miyata T, Ito S. Oxidative/Carbonyl stress in the renal circulation and cardiovascular renal injury, p.305-320. In Oxidative Stress in Applied Basic Research and Clinical Practice Studies on Renal Disorders, edited by Miyata T, Eckardt KU, Nangaku M. 1st ed, vol 1. Springer Science+Business Media, New York, NY, 2011

OB・OGの主な進路

(独)医薬品医療機器総合機構、ヘルスケアメーカー、医薬品開発受託機関、私立病院 臨床検査部

担当教員より進学志望者へのメッセージ

当研究室では、製薬企業と同じようなレベルで、実践的に基礎研究から医師主導治験までを実施しています。「創薬」にご興味のある方は、当研究室にお越しください。

pagetop