遺伝子医療開発

Gene Therapy

基礎医学, 生理学

じっくりよく考えながら研究しよう

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

松原 光伸松原 光伸

松原 光伸准教授

MATSUBARA, Mitsunobu Associate Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8231

E-Mail:mmitsu2i*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 血圧調節
  • 体液調節

研究キーワード

血圧, 電解質, 体液量, 膜タンパク, 浮腫

技術キーワード

遺伝子解析, タンパク解析, 電気生理

分野の紹介

ヒトの生体機能を元素‐化合物‐細胞‐組織‐組織連携のかかわりで捉え、生理機能や病態を解析する研究を行っている。主要テーマである血圧調整は腎臓の一部での元素・電解質移動に伴うシグナルが尿細管の細胞内で産生・放出される化合物(生理活性物質)のシグナルに変換され、周囲の血管に2次的3次的変化を誘発し、これが血圧設定の重要な因子になることを検討している。さらに尿細管の別の部位における電解質移動が濾過された栄養素の再吸収、水の再吸収に必須であり、この電解質移動の異常が生体の体液・栄養異常に結びつくことを証明する検討をこれまで行い、現在も続けている。
また、このような繋がり理論に臓器の進化の過程を加えて検討していくことが医学的基礎を学ぶ効率的で有効な手段とも考えられ、毎年、全学的な基礎教育において短時間に効率的に生体機能を学ぶゼミを試みている。

主な論文

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop