基礎加齢研究

Molecular and Cellular Biology

基礎医学, 分子生物学・細胞生物学, 免疫学

サイエンスを楽しみつつ、実力をつけよう!

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

堀内 久徳堀内 久徳

堀内 久徳教授

HORIUCHI, Hisanori Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8463

E-Mail:hisanori.horiuchi.e8*tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/mcb/

この分野の研究テーマ

  • 細胞内シグナリング研究(低分子量G蛋白質)
  • 自然免疫研究(好中球NETs)

研究キーワード

Ral, mTOR, 好中球NETs, 蛋白質シトルリン化

技術キーワード

生化学, 分子生物学, 細胞生物学, マウス解析, VWFマルチマー解析

分野の紹介

私たちの研究室は、公式には2名のスタッフと1名のベトナムからの国費留学生と私で構成されていますが、約10名ほどの学部学生が楽しく、真剣に研究に取り組んでいます。夜の9時頃が一番活気があるかもしれません。基礎研究の内容は細胞内情報伝達で、最近では低分子量G蛋白質Ralのよく生成制御因子RalGAPなどを見つけて、その解析を行っています。また、現在、細胞の栄養認知機構や、最近提唱されている新規の細胞死である好中球のNETs放出メカニズムに焦点を当てて研究しています。東北大学に着任してほぼ6年ですが、いくつか今日にある知見を得ており、まとめていければと考えています。現在我が国では2-3カ所しかできない、血栓止血に必須なフォンウィルブランド因子のある特殊解析を、「学生研究者」がすすんで構築してくれ、循環器疾患に合併する後天性フォンウィルブランド病に関する研究を全国的に展開できればと考えています。さて、研究室では「寺子屋」と称し、医学部・生物系学部の学生対象に勉強会を開催しています(詳しくはホームページをご覧ください。)「細胞の分子生物学」の講義や、重要疾患の発症メカニズムや治療法に関する「疾患のつかみ」などです。学生の皆さんの参加を歓迎しています。

Figure 1 寺子屋/Ralの機能と制御機構
Figure 1 寺子屋/Ralの機能と制御機構
Figure 2 RalGAP
Figure 2 RalGAP

主な論文

  • R. Shirakawa*, H. Horiuchi (2015) Ral GTPases: Crucial Mediators of Exocytosis and Tumorigensis.( a review) J Biochem (Tokyo) in press
  • N. Yaoita, R. Shirakawa, Y. Fukumoto, K. Sugimura, S. Miyata, Y. Miura, K. Nochioka, M. Miura, S. Tatebe, T. Aoki, S. Yamamoto, K. Satoh, T. Kimura, H. Shimokawa, H. Horiuchi* (2014) Platelets are highly activated in patients of chronic thromboembolic pulmonary hypertension (CTEPH) Arteriosclerosis Thromb Vasc Biol, 34, 2486-2494
  • R Saito, R Shirakawa, H Nishiyama*, T Kobayashi, M Kawato, T Kanno, K Nishizawa, Y Matsui, T Ohbayashi, M Horiguchi, T Nakamura, T Ikeda, K Yamane, E Nakayama, E Nakamura, Y Toda, T Kimura, T Kita, O Ogawa, H Horiuchi* (2013) Downregulation of Ral GTPase-activating-protein causes tumor invasion and metastasis of bladder cancer. Oncogene 32, 894-902
  • Y. Murata, T. Yasumi*, R. Shirakawa, K. Izawa, H. Sakai, J. Abe, N. Tanaka, T. Kawai, K. Oshima, M. Saito, R. Nishikomori, O. Ohara, E. Ishii, T. Nakahata, H. Horiuchi*, T. Heike (2011) Rapid diagnosis of familial hemophagocytic lymphohistiocytosis type 3 (FHL3) by flow cytometric detection of intraplatelet Munc13-4 protein. Blood 118, 1225-1230
  • R. Shirakawa, S. Fukai, M. Kawato, T. Higashi, H. Kondo, T. Ikeda, E. Nakayama, K. Okawa, O. Nureki, T. Kimura, T. Kita, H. Horiuchi* (2009) Tuberous sclerosis tumor suppressor complex-like complexes act as GTPase activating proteins for Ral GTPases. J. Biol. Chem., 284, 21580-21588.

OB・OGの主な進路

国立大研究職(常勤)、海外留学、一般病院勤務

担当教員より進学志望者へのメッセージ

興味を持ってくださる方は気軽に堀内までご連絡ください。近所の方はいつでも見学にどうぞ。自由で、楽しく、活気のある研究室です。

pagetop