臨床腫瘍学(腫瘍内科)

Clinical Oncology

臨床医学, 腫瘍学

新しいがん分子標的薬とバイオマーカーの開発の研究推進・腫瘍内科医によるがん患者に優しいがん医療の提供

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

石岡 千加史石岡 千加史

石岡 千加史教授

ISHIOKA, Chikashi Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8543

E-Mail:chikashi*idac.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.co.idac.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • 新しいがん分子標的薬の開発
  • 新しいがん治療のバイオマーカーの開発

研究キーワード

がん薬物療法, バイオマーカー, がん分子標的薬, 腫瘍内科, がん治療

技術キーワード

網羅的遺伝子発現解析, 遺伝子解析, DNAメチル化解析, 臨床試験, 橋渡し研究

分野の紹介

臨床腫瘍学分野では、難治性癌の制御を目指したがんの薬物療法開発や分子診断・分子治療の技術の開発を研究テーマに基礎的、臨床的研究に取り組んでいます。基礎的研究を臨床の場に展開し(橋渡し研究)、また臨床の場で明らかになった問題点を基礎的に検討してゆく従来からの基本路線を継承し、さらに、常に新しい研究手法を取り入れていく戦略を基本としています。臨床腫瘍学分野は、東北大学病院においては腫瘍内科として、様々な固形腫瘍の薬物療法の診療に携わりながら(常時、25名以上の入院患者や月800人以上の外来患者の内科的治療を担当)、様々な臨床研究に取り組むとともに、将来的に社会的ニーズの高いメディカルオンコロジスト(腫瘍内科医)の育成を行っています。腫瘍内科学、特に進行がんの薬物療法、集学的がん治療や緩和ケアに興味を持ち、新しい診断法や治療法の開発に意欲のある若い人材を歓迎いたします。

Figure 1 PI3KとFK228の結合(Cancer Sci.  2012)
Figure 1 PI3KとFK228の結合(Cancer Sci. 2012)
Figure 2 FK228類縁体とPI3K阻害(Cancer Sci. 2015)
Figure 2 FK228類縁体とPI3K阻害(Cancer Sci. 2015)

主な論文

  • Zhang X, Shimodaira H, Soeda H, Komine K, Takahashi H, Ouchi K, Inoue M, Takahashi M, Takahashi S, Ishioka C. CpG island methylator phenotype is associated with the efficacy of sequential oxaliplatinand irinotecan-based chemotherapy and EGFR-related gene mutation in Japanese patients with metastatic colorectal cancer. Int J Clin Oncol. 2016 Dec;21(6):1091-1101.
  • Ouchi K, Takahashi S, Yamada Y, Tsuji S, Tatsuno K, Takahashi H, Takahashi N, Takahashi M, Shimodaira H, Aburatani H, Ishioka C. DNA methylation status as a biomarker of anti-epidermal growth factor receptor treatment for metastatic colorectal cancer. Cancer Sci. 2015 Dec;106(12):1722-9.
  • Inoue M, Takahashi S, Soeda H, Shimodaira H, Watanabe M, Miura K, Sasaki I, Kato S, Ishioka C. Gene-expression profiles correlate with the efficacy of anti-EGFR therapy and chemotherapy for colorectal cancer. Int J Clin Oncol. 2015 Dec;20(6):1147-55.
  • Komine K, Shimodaira H, Takao M, Soeda H, Zhang X, Takahashi M, Ishioka C. Functional Complementation Assay for 47 MUTYH Variants in a MutY-Disrupted Escherichia coli Strain. Hum Mutat. 2015 Jul;36(7):704-11.
  • Saijo K, Imamura J, Narita K, Oda A, Shimodaira H, Katoh T, Ishioka C. Biochemical, biological and structural properties of romidepsin (FK228) and its analogs as novel HDAC/PI3K dual inhibitors. Cancer Sci. 2015 Feb;106(2):208-15.

OB・OGの主な進路

がん拠点病院腫瘍内科医師、大学腫瘍内科教授(臨床)、大学教授(基礎)、緩和ケア診療医、開業医、医薬品医療機器総合機構

担当教員より進学志望者へのメッセージ

腫瘍内科医を目指す若手医師の入局を期待しています。バイオマーカーや新規抗がん薬の開発、抗がん薬の至適投与法に関する研究など幅広く行っています。

pagetop