応用脳科学研究分野

Advanced Brain Science

放射線医学・バイオイメージング, 神経科学

脳と心の働きを読み取る・鍛える・導く ~スマートエイジング社会の実現に向けて~

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

川島 隆太川島 隆太

川島 隆太教授

KAWASHIMA, Ryuta Professor, M.D.

TEL:022-717-7988

E-Mail:ryuta*tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.fbi.idac.tohoku.ac.jp/fbi/index.html?lang=ja

この分野の研究テーマ

  • 生涯を通じての認知機能や精神的健康の向上を目指す生活介入研究
  • ・個人や集団の心の状態を読み取り活用する応用脳科学研究

研究キーワード

脳の加齢, 脳トレ, 心の健康, 神経デコーディング, 教育・学習

技術キーワード

磁気共鳴画像(MRI), 近赤外分光法(NIRS), 認知心理検査, 質問紙調査, 身体・生理計測

分野の紹介

最新の脳機能イメージングと認知神経科学を核に、心理学、社会学、哲学などの手法を融合しながら、健やかで心の豊かな生活・加齢を実現するための方法について研究を行っています。
生活介入研究では、認知機能を維持・向上し、精神的健康を向上するための手法の開発とその効果検証研究を行っています。これまでに、高齢者の運動トレーニングや音読・計算を用いた認知トレーニングやゲームを用いた認知トレーニングの開発とその効果の検証を行ってきました。認知神経科学の観点から、大脳の前頭前野(PFC)が司る作動記憶や実行機能などの高次機能に注目し、それらの機能を向上させる方法を提案しています。
心のデコーディング研究では、最新の脳機能イメージング技術を駆使して、個人の注意・気分・意欲などの状態を脳活動から読みとるための基礎研究と、その技術を生活の中で応用する社会技術研究を展開しています。また、集団の脳活動同時計測で社会的インタラクション時の‘複数脳の相互作用・共鳴’を明らかにし、コミュニケーションや共感を促進する技術や環境のデザインに繋げる研究を行っています。
児童・生徒を対象とした心の発達研究では、学習意欲に影響する要因を特定し、適切な介入プログラムやエビデンスに基づいた教育政策を提案するために、仙台市教育局と連携して心理学・脳科学・社会学・教育学等の手法を活用した多角的な研究を展開しています。

Figure 1 運動トレーニングによる認知機能向上
Figure 1 運動トレーニングによる認知機能向上
Figure 2 言語/非言語的集団相互作用時の脳活動同調
Figure 2 言語/非言語的集団相互作用時の脳活動同調

主な論文

  • Kawashima R, et al., SAIDO Learning as a cognitive intervention for dementia care: A preliminary study. JAMDA, 16:56-62, 2015
  • Nouchi R, et al. Four weeks combination exercise training improved executive functions, episodic memory and processing speed in healthy elderly people: Evidence from a randomized controlled trial. AGE, 36(2):787-799, 2014.
  • Nozawa T, et al. Ongoing activity in temporally coherent networks predicts intra-subject fluctuation of response time to sporadic executive control demands. PLoS One, 9(6):e99166, 2014.
  • Yokoyama R. et al, The neural bases underlying social risk perception in purchase decisions. Neuroimage, 91:120-128, 2014.
  • Nozawa T, et al., Interpersonal frontopolar neural synchronization in group communication: an exploration toward fNIRS hyperscanning of natural interactions. Neuroimage, 133:484-497, 2016

OB・OGの主な進路

国公立大学教員、私立大学教員、国立成育医療研究センター医師、ソフトウェア関連企業社員

担当教員より進学志望者へのメッセージ

当研究室で行っている脳科学研究は、学際的・複合的研究領域です。どのようなバックグラウンドを持った方でも、それぞれの興味を対象として研究活動を行うことができます。

pagetop