神経内分泌学

Neuroendocrinology

基礎医学, 神経科学

脳内ストレス応答性回路による視床下部ホルモン調節中枢調節メカニズムを解明する

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

井樋 慶一井樋 慶一

井樋 慶一教授

ITOI, Keiichi Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-795-4741

E-Mail:itoik*m.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.bio.is.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • 視床下部CRFニューロン調節神経路および液性因子の同定
  • 脳内ノルアドレナリン作動性神経系のストレス伝達における意義

研究キーワード

視床下部, 糖質コルチコイド, カテコールアミン, マウス, 遺伝子

技術キーワード

遺伝子改変マウス, 免疫組織化学, 免疫蛍光法, パッチクランプ, ウイルスベクター

分野の紹介

井樋研究室では、生命維持と種の保存のために不可欠な脳内領域の機能と形態を研究している。視床下部や脳幹部と呼ばれるこれらの領域は、血圧、体温、体液電解質の維持、エネルギー代謝調節、ストレスからの防御、生殖行為などに深く関わっている。
我々の研究では、ラットやマウスを用いた動物実験をおこなうのが特徴の一つである。そのための実験ツールとして、特定の神経細胞(ニューロン)を蛍光タンパク質で可視化した遺伝子改変動物の開発をおこなっている。それらの動物を用い、当該ニューロンの走行やほかのニューロンとの結合の仕方を明らかにし、あるいは、電気現象を計測することにより神経細胞の機能特性を明らかにしている。
最近我々は、視床下部の内分泌性ストレス調節において中心的役割を果たすコルチコトロピン放出因子(CRF)遺伝子にVenus蛍光タンパク質を発現させたノックインマウスの作成に成功した。その結果、これらの動物の視床下部においてCRFニューロンから直接電気現象を記録することが可能となった。現在、CRFニューロンを調節する神経性入力や、体液性調節因子の役割を検討中である。

Figure 1 蛍光標識されたマウスCRFニューロン
Figure 1 蛍光標識されたマウスCRFニューロン
Figure 2 青斑核ノルアドレナリン神経破壊マウス
Figure 2 青斑核ノルアドレナリン神経破壊マウス

主な論文

  • Itoi K, Talukder AF, Fuse T, Kaneko T, Ozawa R, Sato T, Sugaya T, Uchida K, Yamazaki M, Abe M, Natsume R, Sakimura K. Visualization of corticotropin-releasing factor neurons by fluorescent proteins in the mouse brain and characterization of labeled neurons in the paraventricular nucleus of the hypothalamus. Endocrinology 155:4054-4060, 2014
  • Itoi K, Ohara S, Kobayashi K. Selective ablation of dopamine b-hydroxylase neurons in the brain by immunotoxin-mediated neuronal targeting: new insights into brain catecholaminergic circuitry and catecholamine-related diseases. Advances in Pharmacology 68:155-166, 2013
  • Itoi K, Sugimoto N, Suzuki S, Sawada K, Das G, Uchida K, Fuse T, Ohara S, Kobayashi K. Targeting of locus ceruleus noradrenergic neurons expressing human interleukin-2 receptor a-subunit in transgenic mice by a recombinant immunotoxin anti-Tac(Fv)-PE38: a study for exploring noradrenergic influence upon anxiety-like and depression-like behaviors. J Neurosci 31:6132-6139, 2011
  • Uchida K, Kobayashi D, Das G, Onaka T, Inoue K, Itoi K. Participation of the prolactin-releasing peptide-containing neurons in the caudal medulla in conveying hemorrhagic stress-induced signals to the paraventricular nucleus of the hypothalamus. J Neuroendocrinol 22:33-42, 2010
  • Das G, Uchida K, Kageyama K, Iwasaki Y, Suda T, Itoi K. Glucocorticoid dependency of surgical stress-induced FosB/DFosB expression in the paraventricular and supraoptic nuclei of rat hypothalamus. J Neuroendocrinol 21:822-831, 2009

OB・OGの主な進路

電気機器製造業、通信業、石油精製業、光学機器製造、大学教員、臨床医、弁護士、プロサッカー選手

担当教員より進学志望者へのメッセージ

医学部・医学系研究科と工学部・情報科学研究科にまたがって研究・教育を行っているので、異なる分野の学生が机を並べ楽しく学んでいます。

pagetop