がん化学療法薬学

Oncology, Pharmacy Practice and Sciences

基礎医学, 腫瘍学

高度な先進的専門性をもとに質の高い個別化医療を推進する薬物療法の専門家を養成する

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

富岡 佳久富岡 佳久

富岡 佳久教授

TOMIOKA, Yoshihisa Professor, Ph.D.

TEL:022-795-6851

E-Mail:ytomioka*m.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.pharm.tohoku.ac.jp/~gankagak/Gann_Top.html

この分野の研究テーマ

  • メタボロミクスによる病態マーカーの発見と個別化医療への応用
  • 薬物有害反応の早期検出のための代謝モニタリング法の開発

研究キーワード

メタボロミクス, LC/MS/MS, CE/MS, 個別化医療, 抗体医薬

技術キーワード

質量分析装置, クロマトグラフィー, キャピラリー電気泳動, 細胞培養, 遺伝子操作

分野の紹介

質の高い安全安心の医療、高度複雑化した先進医療に伴う医師を始めとした医療従事者の資質向上と責任強化が求められる中で、本分野は、個別化医療を推進できる実践的知識と研究能力を兼ね備えた人材を育成することを柱として平成20年4月に設置されました。メタボロミクス等のオミックス解析技術を基盤とした患者の代謝物情報(メタボローム)の収集と分析を通じて、患者個々に最適な個別化薬物療法を推進するための分析基盤の構築とその臨床応用を目指します。また、抗体薬などのバイオ医薬品シーズの開発や各診療科との連携を通じた創薬橋渡し研究によって、高度先進医療を推進します。

Figure 1 個別化薬物療法の推進
Figure 1 個別化薬物療法の推進

主な論文

  • Tsuji M., et al. A validated quantitative liquid chromatography-tandem quadrupole mass spectrometry method for monitoring isotopologues to evaluate global modified cytosine ratios in genomic DNA.J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 953-954:38-47, 2014
  • Abe T., et al. SLC10A4 is a protease-activated transporter that transports bile acids. J Biochem. 154(1):93-101, 2013
  • Saigusa D., et al. Simultaneous quantitation of sphingoid bases and their phosphates in biological samples by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry. Anal Bioanal Chem. 403(7):1897-905, 2012
  • Tomioka Y., et al. Education for six-years graduate school of pharmaceutical sciences: a case of Tohoku University.Yakugaku Zasshi. 131(6):933-938, 2011
  • Saigusa D., et al. Simultaneous determination of guanidinosuccinic acid and guanidinoacetic acid in urine using high performance liquid chromatography/tandem mass spectrometry. Anal Chim Acta. 677(2):169-75, 2010

OB・OGの主な進路

東北大学病院、仙台市立病院、石巻赤十字病院、新潟大学医学部附属病院、信州大学医学部附属病院、宮城県庁、株式会社ハイテック、株式会社アスクレップ、田辺三菱製薬、東北メディカルメガバンク

担当教員より進学志望者へのメッセージ

自立して研究活動を行い、将来、高度先進医療への貢献を目指す、情熱をもった方をお待ちしています。

pagetop