統合遠隔腎臓学

Integrated Nephrology and Telemedicine

臨床医学

様々な原因でおこる腎障害に対して最も適した個別化医療を立案し、QOLの高い統合医療を地域に提供します

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

清元 秀泰清元 秀泰

清元 秀泰教授

KIYOMOTO, Hideyasu Professor, Ph.D.

TEL:022-273-6289

E-Mail:kiyo*megabank.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 腎疾患に対する統合的治療の実践と未来型個別化医療の構築
  • 医療情報のICT化促進と効果的な遠隔医療支援体制の確立

研究キーワード

慢性腎臓病, 急性腎障害, 個別化医療, 腎移植, 遠隔医療

技術キーワード

遠隔モニタリング, 在宅血液透析, 医療情報ICT化, ゲノム解析, 血液浄化療法

分野の紹介

腎は多くの分化した細胞が複雑な構造を形成する器官で、血液の老廃物の浄化作用の他、循環・代謝・内分泌臓器としても重要です。腎炎や生活習慣病(高血圧や糖尿病等)から慢性腎臓病(CKD)になり、進行すると心血管障害の大きなリスクとなります。また、薬剤や手術などで急性腎障害(AKI)が発症すれば、死に直結する重篤な病態となります。CKDやAKIにはエビデンス(Evidence-Based Medicine: EBM)に基づく適切な治療が必須で、個々の病態にあった最適な治療を実践することが統合腎臓学の目標です。さらに早期発見と早期治療により末期腎不全を未然に防ぐ、そのためにゲノム解析によって明らかにされた個々の体質に基づくテーラーメード医療(personalized medicine)の基礎を確立します。加えて、日本では保険収載されているものの未だ十分に浸透していない腎移植や在宅血液透析を推進し、たとえ腎不全があってもスポーツを楽しんだり健康な挙児を育くめるような生活の質(Quality of Life: QOL)の高い腎代替療法を実現するための支援を行います。そして、交通インフラの復旧が不十分な被災地でも、医療情報のICT化と遠隔医療支援技術を駆使して、距離の遠さが医療水準の低さにつながらない医療環境整備に努めます。また、エビデンス(EBM)に基づく医療支援はもとより、患者さんのニーズに合ったNarrative-Based Medicine(NBM)に基づく最適な統合腎疾患治療を実践します。

Figure 1 医療過疎地への遠隔医療支援
Figure 1 医療過疎地への遠隔医療支援
Figure 2 個別化医療に基づく包括的腎不全治療
Figure 2 個別化医療に基づく包括的腎不全治療

主な論文

  • Association between hemoglobin variability, serum ferritin levels, and adverse events/mortality in maintenance hemodialysis patients. Kuragano T, Matsumura O, Matsuda A, Hara T, Kiyomoto H, Murata T, Kitamura K, Fujimoto S, Hase H, Joki N, Fukatsu A, Inoue T, Itakura I, Nakanishi T. Kidney Int. 2014 Apr 23.
  • Beneficial role of tolvaptan in the control of body fluids without reductions in residual renal function in patients undergoing peritoneal dialysis. Mori T, Oba I, Koizumi K, Kodama M, Shimanuki M, Tanno M, Chida M, Saito M, Kiyomoto H, Miyazaki M, Ogawa S, Sato H, Ito S. Adv Perit Dial. 29:33-7, 2013.
  • Plasticity of renal erythropoietin-producing cells governs fibrosis. Souma T, Yamazaki S, Moriguchi T, Suzuki N, Hirano I, Pan X, Minegishi N, Abe M, Kiyomoto H, Ito S, Yamamoto M. J Am Soc Nephrol.24(10):1599-616, 2013.
  • A small molecule inhibitor to plasminogen activator inhibitor 1 inhibits macrophage migration. Ichimura A, Matsumoto S, Suzuki S, Dan T, Yamaki S, Sato Y, Kiyomoto H, Ishii N, Okada K, Matsuo O, Hou FF, Vaughan DE, van Ypersele de Strihou C, Miyata T. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 33(5):935-42, 2013.
  • A rare case among hypertensive patients: how do we handle reninomas? Okuda H, Abe M, Kiyomoto H. Intern Med. 52(17):1853, 2013.

OB・OGの主な進路

大学教員、海外特別研究員、診療情報管理部、GMRC、臨床工学技士、医療コンサルタント、病院チャプレン、政治家

担当教員より進学志望者へのメッセージ

少子高齢化社会では個別化予防と在宅医療が大きなキーワードです。創設して間もない分野ですが、人文・医工学・医学・薬学の融合から21世紀の医療人を育成します。

pagetop