母児医科学

Feto-Maternal Medical Science

臨床医学

環境・遺伝相互作用の観点から周産期個別化医療を目指して

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

菅原 準一菅原 準一

菅原 準一教授

SUGAWARA, Junichi Professor, MD, PhD

TEL:022-273-6283

E-Mail:jsugawara*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.ob-gy.med.tohoku.ac.jp/laboratory/j-sugawara.html

この分野の研究テーマ

  • 妊娠高血圧症候群をはじめとした周産期疾患のゲノム解析
  • 周産期疾患の多層オミックス解析

研究キーワード

妊娠高血圧症候群, ゲノム, オミックス, 産婦人科, 地域医療

技術キーワード

ゲノム解析, GWAS, オミックス解析

分野の紹介

東日本大震災からの復興事業を推進すると共に、生殖―周産期医療を俯瞰し、妊娠高血圧症候群をはじめとした周産期疾患の病因解明、早期診断、新規治療法の開発を行っています。
1.大規模ゲノムコホート研究
ToMMoによる地域住民コホート、三世代コホート調査を基盤として、多くの周産期疾患の病態解明を目指して、多層オミックス解析(ゲノムープロテオーム―メタボローム)を進めております。家系情報付きのゲノム解析を行うことで、明らかにされていないゲノムー環境相互作用を紐解いてゆきます。
2.妊婦の時系列でのオミクス、ゲノム情報と日々のライフログとの統合情報解析
妊婦の健康状態の変化を、日々のライフログ(血圧、活動量、体重、体温など)と合わせて連続的に情報集積することで、ライフログ、生活習慣およびゲノム・オミックス情報を統合解析します。これらによって、妊娠合併症の発症リスクを予測することを目指し、2015年9月に本格調査を開始しました。(NTTドコモとToMMoの共同研究)
3.周産期疾患の新規バイオマーカー探索による早期診断法の開発
当研究室では、本学薬学研究科寺崎研究室とプロジェクトチームを作り、独自のインシリコ技術によるプロテオーム解析による、妊娠高血圧症候群の早期診断バイオマーカー探索を行っております。これらによる、新しい診断アルゴリズムの開発が期待されています。

Figure 1
Figure 1

主な論文

  • Saigusa D, et al. Establishment of Protocols for Global Metabolomics by LC-MS for Biomarker Discovery. PLoS One. 2016 Aug 31;11(8):e0160555.
  • Koshiba S, et al. The structural origin of metabolic quantitative diversity. Sci Rep. 2016 Aug 16;6:31463.
  • Kuriyama S, et al. The Tohoku Medical Megabank Project: Design and Mission. J Epidemiol. 2016 Sep 5;26(9):493-511.
  • Sugawara J, et al. Impact of the Great East Japan Earthquake on Regional Obstetrical Care in Miyagi Prefecture. Prehosp Disaster Med. 2016 Jun;31(3):255-8.
  • Nagasaki M, et al. Rare variant discovery by deep whole-genome sequencing of 1,070 Japanese individuals. Nat Commun. 2015 Aug 21;6:8018.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

産科領域の様々な未解決な課題に対して、新しいコホート研究やゲノム・オミックス解析手法を通じて、長期的な視野で母児を守る統合的な研究を共に進めませんか

pagetop