分子・神経イメージング(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構)

Molecular Neuroimaging(National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology)

放射線医学・バイオイメージング, 神経科学

PETを中心とした多様な分子イメージング技術を駆使して精神神経疾患の病態の解明に挑む

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

須原 哲也須原 哲也

須原 哲也教授

SUHARA, Tetsuya Professor, M.D. Ph.D.

TEL:043-206-3194

E-Mail:suhara.tetsuya*qst.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.nirs.go.jp/seika/brain/

その他の教員・スタッフ
  • 樋口 真人教授

    Prof. HIGUCHI, Makoto

この分野の研究テーマ

  • 脳機能および精神・神経疾患の病態と治療評価に関する臨床研究
  • 精神・神経疾患発症の分子メカニズムに関する基礎研究

研究キーワード

分子神経イメージング, 橋渡し研究, 統合失調症, うつ病, 認知症

技術キーワード

PET, 生体イメージング, 病態動物モデル, 生化学, 神経病理

分野の紹介

うつ病、統合失調症やアルツハイマー病などの精神・神経疾患は病気の原因が十分解明されておらず、その診断および治療法を開発する上でメカニズムの解明は急務となっています。脳の研究において、イメージングの手法は遺伝子解析と並ぶ重要な研究手法として位置づけられており、特にポジトロン断層撮影(PET)は脳内の分子を直接可視化できることから、薬物開発に重要な役割を果たすことが期待されています。
分子神経イメージングプログラムでは、PETを中心とした多様なイメージング技術を駆使して脳の機能を解明することを目指しています。ヒトおよび病態モデルを含むサル、ネズミの研究をシームレスに連結、基礎と臨床の双方向の橋渡しをイメージング手法と生化学的、病理学的解析などを組み合わせることにより、精神・神経疾患の意欲の低下、妄想、記憶障害などの多様な症候の原因を明らかにし、診断および治療法の開発に貢献することをミッションとします。

Figure 1 疾患モデルマウス脳の生体PETイメージングおよび二光子レーザー顕微鏡イメージング
Figure 1 疾患モデルマウス脳の生体PETイメージングおよび二光子レーザー顕微鏡イメージング
Figure 2 うつ病におけるノルエピネフリントランスポーター密度の比較
Figure 2 うつ病におけるノルエピネフリントランスポーター密度の比較

主な論文

  • Moriguchi S, Yamada M, Takano H, Nagashima T, Takahata K, Yokokawa K, Ito T, Ishii T, Kimura Y, Zhang MR, Mimura M, Suhara T. Norepinephrine Transporter in Major Depressive Disorder: A PET Study. American Journal of Psychiatry. 2016 Sep 15 [Epub ahead of print]
  • Takano H, Arakawa R, Nogami T, Suzuki M, Nagashima T, Fujiwara H, Kimura Y, Kodaka F, Takahata K, Shimada H, Murakami Y, Tateno A, Yamada M, Ito H, Kawamura K, Zhang MR, Takahashi H, Kato M, Okubo Y, Suhara T. Norepinephrine transporter occupancy by nortriptyline in patients with depression: a positron emission tomography study with (S,S)-[??F]FMeNER-D?., Int J Neuropsychopharmacol 17(4):553-560 (2014)
  • Maruyama M., Shimada H., Suhara T., Shinotoh H., Ji B., Maeda J., Zhang MR., Trojanowski JQ., Lee VM., Ono M., Masamoto K., Takano H., Sahara N., Iwata N., Okamura N., Furumoto S., Kudo Y., Chang Q., Saido TC., Takashima A., Lewis J., Jang MK., Aoki I., Ito H., Higuchi M., Imaging of tau pathology in a tauopathy mouse model and in Alzheimer patients compared to normal controls., Neuron, 79(6):1094-1108 (2013)
  • Yamada M., Uddin LQ., Takahashi H., Kimura Y., Takahata K., Kousa R., Ikoma Y., Eguchi Y., Takano H., Ito H., Higuchi M., Suhara T., Superiority illusion arises from resting-state brain networks modulated by dopamine., Proc Natl Acad Sci U S A., 110(11):4363-4367 (2013)
  • Nagai Y, Minamimoto T, Ando K, Obayashi S, Ito H, Ito N, Suhara T. Correlation between decreased motor activity and dopaminergic degeneration in the ventrolateral putamen in monkeys received repeated MPTP administrations: a positron emission tomography study., Neurosci Res 73(1):61-67 (2012)

OB・OGの主な進路

大学教員、公務員、臨床医、博士研究員、米国ポスドク、製薬企業研究員、イメージング関連企業研究員

担当教員より進学志望者へのメッセージ

ネズミ、サル、ヒトのPETを中心とするin vivoイメージング、病態動物モデルの作出および生化学・病理学的解析などの技術を習得可能。何でも気軽に相談できる環境も魅力。

pagetop