泌尿器科腫瘍学(宮城県立がんセンター)

Urologic Oncology(Miyagi Cancer Center)

臨床医学, 腫瘍学

基礎と臨床のバランスのとれた泌尿器科医の育成

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

川村 貞文川村 貞文

川村 貞文教授

KAWAMURA, Sadafumi Professor, M.D.

TEL:022-384-3151

E-Mail:kawamura-sa889*miyagi-pho.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療
  • 効率的な前立腺がん検診システムの開発

研究キーワード

前立腺癌, 腎癌, 膀胱癌, 精巣癌, 前立腺がん検診

技術キーワード

前立腺全摘術, 放射線治療, 癌化学療法, シアリダーゼ, QOL

分野の紹介

泌尿器科腫瘍学分野は宮城県立がんセンター研究所に設置された連携講座で、尿路性器悪性腫瘍(前立腺癌、腎癌、膀胱癌、精巣腫瘍、腎盂尿管癌、副腎腫瘍、陰茎癌)の臨床が主な研究領域です。
豊富な症例を生かして、手術療法を中心に癌化学療法、放射線療法などの他、QOL調査などの診療、研究、教育に取り組んでいます。
また早期から前立腺がん検診にも取り組むなど、予防医学にも力を注いでいます。
当分野では東北大学大学院社会人入学制度を活用することで、宮城県立がんセンターにおいて常勤医あるいはレジデントとして臨床の研鑽を積みながら、同時に当センター研究所で基礎研究を行って博士号を取得することが可能です。
このようにして当分野では基礎と臨床のバランスのとれた泌尿器科医を育てることを目標にしています。

主な論文

  • - Mitsuzuka K, et al. Lymphovascular invasion is significantly associated with biochemical relapse after radical prostatectomy even in patients with pT2N0 negative resection margin. Prostate Cancer Prostatic Dis. Oct 21,2014 [Epub ahead of print]
  • - Ito A, et al. Prospective randomized phase II trial of a single early intravesical instillation of pirarubicin (THP) in the prevention of bladder recurrence after nephroureterectomy for upper urinary tract urothelial carcinoma: the THP Monotherapy Study Group Trial. J Clin Oncol. 31(11):1422-1427, 2013
  • - Mitsuzuka K, et al. Pathological and biochemical outcomes after radical prostatectomy in men with low-risk prostate cancer meeting the Prostate Cancer International: Active Surveillance criteria. BJU Int. 111(6):914-920, 2013
  • - Tochigi T, et al. The intravesical recurrence after 3-day consecutive intravesical instillation of pirarubicine hydrochloride (THP) following transurethral resection of bladder tumor (TURBT) for non-muscle-invasive bladder cancer. Nihon Hinyokika Gakkai Zasshi.103(4):610-616, 2012[Jpn]
  • - Kawamura S, et al. Plasma membrane-associated sialidase (NEU3) regulates progression of prostate cancer to androgen-independent growth through modulation of androgen receptor signaling. Cell Death Differ. 19(1):170-179, 2012

OB・OGの主な進路

臨床医

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop