頭頸部腫瘍学(宮城県がんセンター)

Head and Neck Oncology (Miyagi Cancer Center)

臨床医学, 腫瘍学

臨床と基礎研究能力を身につけた善き頭頸部外科医の育成を目指す

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

松浦 一登松浦 一登

松浦 一登教授

MATSUURA, Kazuto Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-384-3151

E-Mail:matsuura-ka447*miyagi-pho.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 頭頸部がんに対する機能温存療法の開発
  • 頭頸部がんに対する化学放射線療法における支持療法の開発

研究キーワード

機能温存療法, 支持療法, がん幹細胞マーカー

技術キーワード

内視鏡下 咽喉頭手術, 皮膚ケア, 栄養療法, CD271

分野の紹介

頭頸部領域には「咀嚼」「嚥下」「構語」など多くの機能があり、この領域に生じる「がん」に対しては手術、放射線、抗癌剤を用いた集学的治療が行われています。頭頸部がん治療では生存率の向上と治療後に高いレベルで機能が残ることが重要ですが、実臨床において両立は難しい課題です。そこでわれわれは、頭頸部がんに対する①機能温存療法の開発②化学放射線療法における支持療法の開発③がん幹細胞マーカーの探索と特異的治療法の開発を研究テーマとして活動しています。

Figure 1 頭頸部癌治療における戦略・戦術
Figure 1 頭頸部癌治療における戦略・戦術
Figure 2 マウスでの腫瘍形成とCD271+細胞の分化能力
Figure 2 マウスでの腫瘍形成とCD271+細胞の分化能力

主な論文

  • - Imai T, et al. Effect of HMB/Arg/Gln on the prevention of radiation dermatitis in head and neck cancer patients treated with concurrent chemoradiotherapy. Jpn J Clin Oncol 44(5):422-7, 2014
  • - Imai T, et al. CD271 defines a stem cell-like population 1 in hypopharyngeal cancer. PLoS One. 2013 Apr 23;8(4):e62002. doi: 10.1371/journal.pone.0062002. Print 2013.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

当講座では宮城県立がんセンター職員として給与を得ながら、社会人大学院制度を用いて頭頸部がんに関する基礎研究を行い、臨床技術を身につけることができます。

pagetop