小児血液腫瘍学(宮城県立こども病院)

Pediatric Hematology and Oncology(Miyagi Children's Hospital)

臨床医学, 腫瘍学

患者から病気を学び、患者・家族に還す

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

今泉 益栄今泉 益栄

今泉 益栄教授

IMAIZUMI, Masue Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-391-5111

E-Mail:imaizumi*miyagi-children.or.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 小児白血病の臨床研究
  • 遺伝性骨髄不全症候群の病因・病態の解明

研究キーワード

小児白血病, 遺伝性骨髄不全症候群, 小児血小板減少症, 小児がん, 造血細胞移植

技術キーワード

血液病理学的解析, 細胞遺伝学的解析, ゲノム解析

分野の紹介

小児血液腫瘍学分野は宮城県立こども病院と東北大学の連携講座で、こども病院血液腫瘍科で診療する小児の白血病や難治性血液疾患の病態解明並びに新規の診断・治療法の研究を行います。小児の血液疾患・腫瘍疾患は先天的素因を背景に発病するものが多く、特定の遺伝子異常が疾患の病因・病態と深く関連しており、患者の臨床像や検体を用い臨床に直結した研究が重要です。研究対象として、1)小児白血病の発生に係る遺伝子異常、2)遺伝性の骨髄不全症や白血球異常症、3)難治性の小児血小板減少性疾患、4)小児がんなどです。
宮城県立こども病院血液腫瘍科は、年間20例以上の新規血液腫瘍性疾患および難治性血液疾患の診療、並びに年間5以上の造血細胞移植を実施しています。東北大学大学院医学系研究科と密接な研究共同体制をとりつつ、病理学的あるいは分子生物学的手法により病気の病態の解明、診断あるいは治療の開発に繋がる研究を行います。

Figure 1
Figure 1
Figure 2
Figure 2

主な論文

  • Niihori T. et al. Mutations in MECOM, encoding oncoprotein EVI1, cause radioulnar synostosis with amegakaryocytic thrombocytopenia. Am J Hum Genet 97: 848-854, 2015
  • Keleku-Lukwete N. et al. Amelioration of inflammation and tissue damage in sickle cell model mice by Nrf2 activation. Proc Natl Acad Sci USA 112:12169-12174, 2015
  • Ouchi-Uchiyama M. et al. Analyses of Genetic and Clinical Parameters for Screening Patients with Inherited Thrombocytopenia with Small or Normal-sized Platelets. Pediater Blood Cancer 62: 2082-2088, 2015
  • Matsubara K. et al. Long-term follow-up of children with refractory immune thrombocytopenia treated with rituximab. Int J Hematol 99:429-436, 2014
  • Imaizumi M. et al. Prospective study of a therapeutic regimen with ATRA and anthracyclines in combination of cytarabine in children with acute promyelocytic leukemia: The Japanese Childhood AML Cooperative Study. Bri J Haematol 152:89-98, 2011

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

小児の血液腫瘍分野は基礎研究の成果が直接に臨床応用につながる分野です。小児血液腫瘍分野のサブスペシャリティを目指す小児科医の方は是非連絡ください。

pagetop