先進循環器予防・疫学(国立循環器病研究センター)

Preventive Cardiology and Epidemiology (National Cerebral and Cardiovascular Center)

臨床医学, 公衆衛生学

予防医学や疫学研究により循環器病を制圧する

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

宮本 恵宏宮本 恵宏

宮本 恵宏教授

MIYAMOTO, Yoshihiro Professor, M.D. Ph.D.

TEL:06-6833-5012

E-Mail:miyamoty*ncvc.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.ncvc.go.jp/rdic/divisions/f000/index.html

この分野の研究テーマ

  • 住民コホート研究
  • 循環器病疾患登録、疾患コホート研究

研究キーワード

疫学, 循環器病, エビデンス, ビッグデータ, 吹田スコア

技術キーワード

コホート, 疾患登録, ICT, メタアナリシス

分野の紹介

循環器病の対策を立てるにあたっては循環器病の実態を把握することが肝要である。当研究室では、循環器に関する多くの研究班、研究事業の研究事務局、データセンターまたは主たる解析センターとして参画している。震災対策、住民コホート研究、健診システムの検証、リスク指標の標準化、難治性疾患、診療体制構築、バイオリソースに関するプロジェクトが進行している。

主な論文

  • Nishimura K, Okamura T, Watanabe M, Nakai M, Takegami M, Higashiyama A, Kokubo Y, Okayama A, Miyamoto Y. Predicting coronary heart disease using risk factor categories for a Japanese urban population, and comparison with the framingham risk score: the suita study. J Atheroscler Thromb. 2014;21(8):784-98.
  • Nishimura K, Nakamura F, Takegami M, Fukuhara S, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Kataoka H, Miyamoto Y, Kitaoka K, Kada A, Iihara K, Group JAS. Cross-sectional survey of workload and burnout among Japanese physicians working in stroke care: the nationwide survey of acute stroke care capacity for proper designation of comprehensive stroke center in Japan (J-ASPECT) study. Circulation Cardiovascular quality and outcomes. 2014;7(3):414-22.
  • Yokoyama Y, Nishimura K, Barnard ND, Takegami M, Watanabe M, Sekikawa A, Okamura T, Miyamoto Y. Vegetarian diets and blood pressure: a meta-analysis. JAMA internal medicine. 2014;174(4):577-87.
  • Noguchi T, Kawasaki T, Tanaka A, Yasuda S, Goto Y, Ishihara M, Nishimura K, Miyamoto Y, Node K, Koga N. High-intensity signals in coronary plaques on noncontrast T1-weighted magnetic resonance imaging as a novel determinant of coronary events. J Am Coll Cardiol. 2014;63(10):989-99.
  • Kataoka Y, Yasuda S, Miyamoto Y, Sase K, Kosuge M, Kimura K, Yoshimasa Y, Miyazaki S, Investigators DS. Clinical Predictors of Atheroma Progression Despite Optimal Glycemic Control in Early-Stage Diabetic Patients with Coronary Artery Disease: Insight from the DIANA Study. J Atheroscler Thromb. 2014;21(5):509-18.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

臨床から研究へ、そして臨床へ。

pagetop