感染症疫学(国立感染症研究所)

Infection and Epidemiology(National Institute of Infectious Diseases)

公衆衛生学

感染症疫学、グローバルな感染症対策を学ぼう

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

大石 和徳大石 和徳

大石 和徳教授

OISHI, Kazunori Professor, M.D. Ph.D.

TEL:03-5285-1111

E-Mail:oishik*nih.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

この分野の研究テーマ

  • 新興・再興感染症の感染症疫学
  • 食中毒と感染症疫学

研究キーワード

感染症疫学, ワクチン学, 公衆衛生学

技術キーワード

FETP, 感染症発生動向, 国際保健規則

分野の紹介

国立感染症研究所は国際社会と連携してグローバル感染症の監視とその制御を担う役割を期待されている。このため、国内外で発生する公衆衛生上問題となる種々の感染症の実地疫学調査および感染症対策の立案、サーベイランスデータ集計と情報発信、ワクチンで予防できる疾病(VPD)のワクチンによる制御とその効果のモニタリング、新興・再興感染症等を対象に感染症疫学研究を進めている。国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(Field Epidemiology Training Program: FETP)への参加者も本連携大学院への進学が可能である。
最近の研究業績には,国内外の麻疹・風疹・先天性風疹症候群流行の疫学研究、梅毒・先天梅毒、アメーバ赤痢、侵襲性肺炎球菌感染症、侵襲性髄膜炎菌感染症、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、腸管出血性大腸菌感染症、薬剤耐性菌、E型肝炎、百日咳、ムンプスの疫学研究、肺炎球菌ワクチンの免疫学と新規ワクチン開発などがある。
その他に米国CDCをはじめ、国内外の感染症・疫学研究者による多くの講義なども開催される。

Figure 1 FETPのスタッフと研修生
Figure 1 FETPのスタッフと研修生

主な論文

OB・OGの主な進路

国立感染症研究所、地方情報センター、大学等

担当教員より進学志望者へのメッセージ

連携大学院進学者の皆さんには感染症疫学センター職員と一緒に学ぶことのできる有意義な機会を提供します。

pagetop