循環器EBM開発学

Evidence-based Cardiovascular Medicine

臨床医学

循環器領域における我が国のエビデンスの創出を目指す

教員構成

下川 宏明下川 宏明

下川 宏明教授

SHIMOKAWA, Hiroaki Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7153

E-Mail:m-daigakuin*grp.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 我が国における慢性心不全症例における診療実態の解明
  • 生活習慣病など心不全ハイリスク症例における心不全新規発症様式及びその機序の解明

研究キーワード

観察研究, 臨床試験, 慢性心不全, 生活習慣病, エビデンスに基く医療

技術キーワード

データ収集・管理, 追跡調査, 統計解析

分野の紹介

近年の医療においては、根拠に基づく医療(Evidence-based Medicine、以下EBM)の実践が不可欠となっています。循環器EBM開発学講座は、日本人における循環器領域の科学的根拠を構築することを目的に、2007年に開講しました。現在は、我が国における慢性心不全診療実態の解明、心不全新規発症機序の解明、心不全に対する新たな治療療法の開発を主な研究テーマとして観察研究と介入研究を行っています。例えば東北大学関連施設と共同で2006年に開始した第二次東北慢性心不全登録(CHART-2)研究(NCT00418041)では、我が国最大規模の登録症例数(N=10,219)を活かして近年の虚血性心不全、そして左室駆出率の保たれた心不全の増加や、EBMの浸透に伴う予後の改善など我が国の心不全診療の実情を明らかにしてきました。また、心不全症例だけではなくその予備軍であるステージB症例をも登録する世界的にも稀有なコホートとしての特徴を活かし、心不全の新規発症様式とその機序を現在明らかにしつつあります。更に最近、高血圧症を合併した慢性心不全患者におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬を用いた臨床介入試験、SUPPORT試験(NCT00417222)の成果を発表し、国内外から高い評価を得ました。この様に本講座では多数の大規模臨床試験を企画、実行し、日本のエビデンスを検証し、発信し続けています。

Figure 1 CHART-2研究の概要
Figure 1 CHART-2研究の概要
Figure 2 我が国における心不全基礎疾患と予後の変遷
Figure 2 我が国における心不全基礎疾患と予後の変遷

主な論文

  • Sakata Y, Shimokawa H et al.; on behalf of the SUPPORT Trial Investigators. Clinical impacts of additive use of olmesartan in hypertensive patients with chronic heart failure: the supplemental benefit of an angiotensin receptor blocker in hypertensive patients with stable heart failure using olmesartan (SUPPORT) trial. Eur Heart J. 2015;36(15):915-23.
  • Shimokawa H, et al. Heart failure as a general pandemic in Asia. Eur J Heart Fail. 2015 Sep;17(9):884-92. (Review)
  • Ushigome R, Shimokawa H et al.; CHART-2 Investigators. Temporal trends in clinical characteristics, management and prognosis of patients with symptomatic heart failure in Japan - Report from the CHART Studies. Circ J. 2015;79(11):2396-407.
  • Takada T, Shimokawa H et al. Impact of elevated heart rate on clinical outcomes in patients with heart failure with reduced and preserved ejection fraction -A report from the CHART-2 Study-. Eur J Heart Fail. 2014;16(3):309-16.
  • Sakata Y, Shimokawa H. Epidemiology of heart failure in Asia. Circ J. 2013;77(9): 2209-17. (Review)

OB・OGの主な進路

私立大学病院・教授、臨床治験コーディネーター

担当教員より進学志望者へのメッセージ

本講座では、世界に通用するエビデンスを発信すべく、循環器内科と連携して積極的な研究活動を行っています。循環器疫学・医学統計に興味のある方は是非ご連絡ください。

pagetop