視覚先端医療学

Advanced Ophthalmic Medicine

臨床医学

難治性網膜神経細胞変性疾患に対する神経保護治療の開発とその臨床応用の推進

教員構成

中澤 徹中澤 徹

中澤 徹教授

NAKAZAWA, Toru Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7294

E-Mail:nishiguchi*oph.med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.oph.med.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • 臨床データ解析法の開発と遺伝解析による鋭敏な緑内障進行判定プラットフォームの開発
  • 緑内障に対するBrinzolamideの神経保護効果を検証する臨床試験

研究キーワード

緑内障, 神経保護, 創薬, 遺伝子治療, 網膜色素変性症

技術キーワード

遺伝子解析, 分子生物学, 動物実験, 細胞培養, AAVウィルス

分野の紹介

難治性網膜神経変性疾患である緑内障、網膜色素変性症、加齢性黄斑変性症などに対して、薬剤送達システム、遺伝子治療や幹細胞医学などの先端技術に着目した治療の開発とその臨床応用を目指す。

Figure 1 Brainbowを用いた網膜神経節細胞の個別のdendritic arborの可視化
Figure 1 Brainbowを用いた網膜神経節細胞の個別のdendritic arborの可視化
Figure 2 ストレス応答プロモーターを用いた新規遺伝子治療プラットフォームの開発
Figure 2 ストレス応答プロモーターを用いた新規遺伝子治療プラットフォームの開発

主な論文

  • Tomiyama Y, et al. Measurement of Electroretinograms and Visually Evoked Potentials in Awake Moving Mice. PLoS One 11: e0156927, 2016
  • Yasuda M, et al. Transcriptome profiling of the rat retina after optic nerve transection. Sci Rep. 6: 28736, 2016
  • Yukita M, et al. Brimonidine Enhances the Electrophysiological Response of Retinal Ganglion Cells through the Trk-MAPK/ERK and PI3K Pathways in Axotomized Eyes. Curr Eye Res. 1-9, 2016
  • Fujita K, et al. In vivo cellular imaging of various stress/response pathways using AAV following axonal injury in mice. Sci Rep. 5: 18141, 2016
  • Yukita M, et al. Molecular, anatomical and functional changes in the retinal ganglion cells after optic nerve crush in mice. Doc Ophthalmol. 130:149-56, 2015

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

緑内障を主要な疾患ターゲットとして、様々なアプローチを採用して、病態の解明・治療法の開発に取り組みます。遺伝子工学、分子生物学など幅広い実験手技が身につきます。

pagetop