地域保健支援センター

Center for Community Health

公衆衛生学

被災地の住民・自治体に寄り添い、復興に向けた支援を行う。―災害後の保健衛生施策への提言―

教員構成

辻 一郎辻 一郎

辻 一郎教授

TSUJI, Ichiro Professor, M.D. Ph.D

TEL:022-717-8124

E-Mail:info*ch-center.med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.ch-center.med.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • 被災地域住民や地域の保健ニーズ(生活環境・衛生状態、心身の健康など)に関する調査の実施
  • 調査結果に基づき、地域保健衛生システムの復興に向けた提言の作成

研究キーワード

東日本大震災, 被災者健康調査, 保健サービス

技術キーワード

疫学, 統計, コホート研究, 介入研究

分野の紹介

東日本大震災の被災者の多くは、避難生活の長期化に伴うストレスの悪影響、不活発な生活の悪影響など、さまざまなリスクを抱えています。センター事業の目的は、東日本大震災で最も甚大な被害を受けた宮城県内の各地域における保健衛生システムの復興に向けた支援を行うことです。
センターでは、被災者健康調査を実施して、定期的に被災地域住民の健康状態や生活環境の推移を評価しています。コホート研究として、震災後の生活環境が被災者の健康状態や予後(生存死亡、医療受療状況、介護保険認定)に及ぼす影響について検討するため、追跡調査を実施しています。調査結果に基づき、住民の現状やニーズを評価し、住民の保健衛生上の問題に対しては、個別指導や運動教室、介護予防サービスによる支援を行うとともに、保健衛生施策に関する提言を自治体に対して行っています。大規模災害を受けた地域住民に対して、継続して調査を行っている例は、国内外を通じてあまり例が無く、研究成果はとても注目されています。
私たちは、今後このような大規模災害が発生した際にどのような被災者支援が有効であるかを明らかにし、マニュアルや指針として提言することを重要課題と位置づけています。

Figure 1 被災後の居住の種類と運動機能低下の関連 みなし仮設・賃貸に居住する者では運動機能が低下するリスクが高い
Figure 1 被災後の居住の種類と運動機能低下の関連 みなし仮設・賃貸に居住する者では運動機能が低下するリスクが高い
Figure 2 石巻市雄勝地区健康調査(2011年 6月)
Figure 2 石巻市雄勝地区健康調査(2011年 6月)

主な論文

  • Tomata Y, et al. Long-term impact of the 2011 Great East Japan Earthquake and tsunami on functional disability among older people: A 3-year longitudinal comparison of disability prevalence among Japanese municipalities. Soc Sci Med. 147:296-299.
  • Nakaya N, et al. The Association Between Medical Treatment of Physical Diseases and Psychological Distress After the Great East Japan Earthquake: The Shichigahama Health Promotion Project. Disaster Med Public Health Prep. 9(4):374-81. 2015
  • Sone T, et al. Longitudinal association between time-varying social isolation and psychological distress after the Great East Japan Earthquake. Social Science & Medicine. 152:96-101. 2016
  • Hagiwara Y, et al. Influence of living environments and working status on low back pain for survivors of the Great East Japan Earthquake. J Orthop Sci. 21(2):138-42. 2016
  • Ito K, et al. Housing type after the Great East Japan Earthquake and loss of motor function in elderly victims: a prospective observational study. BMJ Open. 6(11):e012760. 2016

OB・OGの主な進路

研究者、行政職

担当教員より進学志望者へのメッセージ

被災地の復興には、まだ難問が山積しています。被災者の目線で解決策を考えるところから、公衆衛生のあるべき姿が見えてくると思っています。

pagetop