呼吸器科腫瘍学(宮城県がんセンター)

Respiratory Oncology (Miyagi Cancer Center)

臨床医学, 腫瘍学, 分子生物学・細胞生物学

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

福原 達朗福原 達朗

福原 達朗教授

FUKUHARA, Tatsuro Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-384-3151

E-Mail:fukuhara-tatsuro*miyagi-pho.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 肺癌の新規診断方法の開発
  • 肺癌の新規治療方法の開発
  • 肺癌発生の予防法の開発

研究キーワード

技術キーワード

分野の紹介

・肺癌細胞の遺伝子ステータスによる個別化治療の開発
・分子標的薬治療の耐性メカニズムとその克服治療法の開発
・免疫治療における効果予測因子の研究開発

主な論文

  • Watanabe K,et al. EGFR Mutation Analysis of Circulating Tumor DNA Using an Improved PNA-LNA PCR Clamp Method. Can Respir J. 2016;5297329.
  • Fukuhara T, et al. Factors associated with a poor response to gefitinib in the NEJ002 study: smoking and the L858R mutation. Lung Cancer. 2015;88(2):181-6.
  • Watanuki Z, et al. Synergistic cytotoxicity of afatinib and cetuximab against EGFR T790M involves Rab11-dependent EGFR recycling. Biochem Biophys Res Commun. 2014;12;455(3-4):269-76.
  • Jan Treda C,et al. Secretory leukocyte protease inhibitor modulates urethane-induced lung carcinogenesis. Carcinogenesis. 2014;35(4):896-904.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

現在の肺癌診療は基礎研究の経験で、より理解が深まります。臨床を目指す方こそ、研究を。

pagetop