予防精神医学

Preventive Psychiatry

臨床医学

教員構成

松本 和紀松本 和紀

松本 和紀准教授

MATSUMOTO, Kazunori

この分野の研究テーマ

  • 被災地の職域におけるメンタルヘルス研究
  • 被災地における心理支援方法についての研究
  • 精神医療保健領域での被災の影響についての調査

研究キーワード

技術キーワード

分野の紹介

2011年3月11日に発生した東日本大震災(以下、震災)によって、被災地では、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神疾患、自殺などの心の問題についての懸念が広がりました。そこで、震災後の宮城県における精神保健医療システムを再構築し、予防精神医学的観点から精神疾患の早期発見と早期介入に対応した新たな精神保健医療モデルを創出することを目的に、2011年10月に本寄附講座は設立されました。 特に、震災後の被災地における精神保健ニーズに対応するため、宮城県が設置したみやぎ心のケアセンターと連携し、同センターの機能を補う役割を担っています。みやぎ心のケアセンターは、主に自治体の精神保健行政と連携した直接的な支援を担当していますが、本寄附講座は、復興期に持続的にストレス負荷がかかる支援者の健康調査や支援、予防精神医学に基づく新たな心理介入や地域での支援方法の開発、専門家に対する高度な専門教育など、同センターでは担うことができない役割を担うことで、被災地域での精神疾患の予防とメンタルヘルス全般の向上を図っています。 設立以来、被災地の自治体職員、看護職員、生活支援員、消防隊員等の精神的健康についての疫学的縦断調査とこれに基づく相談や支援、認知行動理論に基づく地域住民への介入、復興期に役立つ心理学的治療方法の開発、精神医療機関の被災状況と対応についての調査、心理支援についての専門家への研修事業、地域住民や専門家への啓発や教育、精神疾患の早期介入のための臨床研究、みやぎ心のケアセンターへの非常勤職員派遣などの活動を行い、厚生労働省/文部科学省科学研究費などの研究資金を獲得し、精力的な活動を継続してきました。

主な論文

  • Matsumoto K, Sakuma A, Ueda I, Nagao A, Takahashi Y.: Psychological trauma after the Great East Japan Earthquake. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 70. 318-331. 2016
  • Sakuma A, Takahashi Y, Ueda I, Sato H, Katsura M, Abe M, Nagao A, Suzuki Y, Kakizaki M, Tsuji I, Matsuoka H, Matsumoto K.: Post-traumatic stress disorder and depression prevalence and associated risk factors among local disaster relief and reconstruction workers fourteen months after the Great East Japan Earthquake: a cross-sectional study. BMC Psychiatry. doi: 10.1186/s12888-015-0440-y. 2015
  • Sakuma A, Ueda I, Matsumoto K.: Large-Scale Disaster Damage and Management in Psychiatric Hospitals. -The Experience of Psychiatric Hospitals in Miyagi Prefecture during the Great East Japan Earthquake-. Journal of Japan Psychiatric Hospitals Association. 33(12). 69-73. 2015
  • Matsumoto K. : Mental Health of Disaster Relief Supporters. Japan Medical Association Journal . 56(2). 70-72. 2013

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop