公衆衛生学専攻(修士課程)

概要

本専攻は、「公衆衛生の素養」という共通基盤のうえで、さらに国際レベルの高度な専門性と高い職業的倫理観を有する人材を養成することを使命としています。
(公衆衛生の素養とは、社会環境の視点から個人の健康問題を把握してその解決にあたるスキルを有すること、個人と社会におけるより良い健康の実現に貢献しようとする使命感を有することと捉えています。)

これまで東北大学大学院医学系研究科にあった公衆衛生関連分野を再編することにより、集学的・融合的な研究を推進し、世界最高水準の公衆衛生拠点を形成します。

  1. 教育内容の充実・効率化:公衆衛生学に関連する分野を統合して講義・演習を実施
  2. 協力分野との連携の強化:幅広い分野で、高度な専門性を追求
  3. 実習機会の充実:被災地、大学病院、東北メディカル・メガバンク機構での実践的な教育機会を提供

教育コース

教育コースの編成について:一般コースと3つの特別コースがあります。

一般コース

学生は本専攻の10分野のいずれかに所属したうえで、疫学・医療統計学及び医療倫理学などの「公衆衛生の素養」に関わる必修科目を履修し、さらに所属分野に関連するカリキュラムを中心に修学します。

高度臨床研究支援・管理者育成コース

臨床研究を支えるデータ・マネジャー、プロジェクト・マネジャー、薬事専門家、IT専門家などを養成するためのコースで、入学者は原則として医学統計学分野・公衆衛生学分野・医学情報学分野のいずれかに所属し、大学病院臨床研究推進センターなどでの実習を含めた実践的な教育を受けられます。

公衆衛生・遺伝カウンセリングコース

認定遺伝カウンセラーを養成するためのコースで、入学者は原則として遺伝子診療支援・遺伝カウンセリング分野に所属し、学会認定カリキュラムを履修するとともに、公衆衛生に関する幅広い知識を身に付けることが求められます。

臨床研究管理医養成1年コース

医師・歯科医師を対象に、臨床研究を主導できるスキルを身に付けさせることを目的として、1年間のコースを提供します。入学者は原則として公衆衛生学分野に所属するとともに、希望する臨床分野の指導のもとで臨床研究のプロトコールを作成します。

修了後の進路

  • 医学系研究科博士課程(医学履修課程)への進学
  • 研究教育機関(本専攻10分野に関わる研究者)、製薬企業など・シンクタンク等への就職
  • 高度臨床研究支援者(リサーチ・アドミニストレーター、データ・マネジャー、臨床研究コーディネーター)
  • 認定遺伝カウンセラー
  • 医療行政・国際保健機関
  • 公衆衛生医師、産業保健従事者

関連リンク

pagetop