保健学科教育目標

教育目標

  1. 人命を尊重し、豊かな人間性を持ち実践力を備えた医療人を育成します。

  2. 人間としての生活の質(Quality of Life)の向上を大切にする医療人を育成します。

  3. チーム医療を柱に、総合医療を提供する現場を創造する教育をおこないます。

  4. 東北地方の地域性をも考慮した保健医療をすすめる医療技術の教育をおこないます。

  5. 人文・社会・自然科学分野、医学系分野と有機的に連携しながら総合的な教育をおこないます。

  6. 世界の人類に貢献しうる最先端の医療技術の教育をおこないます。

アドミッション・ポリシー

一般選抜

医学部では医学、人類を中心とした生命科学に関する教育により、真理を探究する姿勢を育成します。科学的根拠に基づく臨床医学・医療技術を実践し、優れた倫理観と暖かい人間性を持って対応できる医療人及び医学研究者を養成することを目的としています。科学の分野に対する優れた理解力・学習能力とともに、生命現象や医療の問題への関心・探究心を持ち、医学や医療を通じて人類の福祉に貢献したいという目的意識があり、病める人の立場になって問題解決のできる倫理観と人間性を備え、国際的視野で行動できる人材を求めています。

AO 入試Ⅲ期

保健・医療の分野に対する強い関心と学習意欲、探究心を持ち、将来、保健・医療、さらに福祉の分野で指導者として活躍をめざす若い人材を求めています。東北大学で教育を受けることを熱望し、対話による相互理解力を持ち、リーダーシップを発揮できる人を歓迎します。

ディプロマ・ポリシー

医学部保健学科では、次に掲げる目標を達成した学生に学士(看護学)又は学士(保健学)を授与する。

  1. 高度化,複雑化する医療技術に的確に対処しうる科学的かつ深い専門知識を有している。

  2. 科学的根拠に基づく看護学・保健学・臨床医学及び医療技術を実践し、他の保健・医療等専門職と協働してチーム医療・チームケアの一員として参加する能力を有している。

  3. 冷静,緻密な総合的判断の元に、優れた倫理観と豊かな人間性及び社会的使命感を持って保健・医療に貢献する能力を有している。

カリキュラム・ポリシー

医学部保健学科は、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

  1. 幅広い教養を修得するための全学教育科目を学ぶとともに、専攻の専門の基礎となる科目による動機づけ、専門の知識や技術の習得、臨地実習を通じた応用力の向上をはかる。

  2. ライフサイエンス,ヒューマンサイエンスを探究する姿勢を尊重し、授業・実習、特に卒業研究によって研究マインドを涵養し、看護学,放射線技術科学,検査技術科学の実践力を備えた医療専門職業人・医療現場のリーダーとして活躍する能力を育成する。

  3. 学習成果の適正な評価と個別フィードバックを行い、学習者の内省・自己啓発と能力開発を促進する。

pagetop