東北大学医学祭

第24回 東北大学医学祭

今年10月の開催で第24回を数えます東北大学医学祭が、3年ぶりに帰ってきます。今回の医学祭も、お子様から大人まで幅広い年代の方にお楽しみいただけますよう、バラエティ豊かな企画をご用意する予定です。当日は多くの皆さまに足をお運びいただけますよう、実行委員一同お待ちしております。

今後も、東北大学大学院医学系研究科・医学部をよろしくお願いいたします。

ご挨拶

東北大学医学祭は、地域の皆さまと当医学部との交流の場として、終戦以来およそ3年に1度開催されてきました。現在は医学科・保健学科から100名程度が有志として参加し、10月の医学祭開催に向けて奔走しております。
今年の医学祭では、「医療が結ぶ地域の輪」をテーマに、地域の皆さまとの繋がりを重視した祭り作りを目指しております。お子様向け企画を拡充した前回の医学祭にならうべく、前回も大人気だった「ぬいぐるみびょういん」企画を中心に、未来の医療者でもある小さいお子様の興味をかき立てる企画をご用意します。また、体内年齢を測定できる企画も前回に引き続き実施し、いつまでも若々しく生きるヒントを見つけていただければと考えております。また、発生から8年を迎える東日本大震災だけでなく、日本各地で絶えない災害時の医療についても取り上げる予定です。
前回の医学祭からの変化としては、看護学、放射線技術科学、検査技術科学という保健学科の3専攻から、各専攻の特色をお伝えする企画を揃えたことが挙げられます。また、同じく星陵キャンパスに位置する歯学部からも出展いただき、医療を支える他職種連携の重要性についてもお伝えできればと考えております。当日は会場へ足をお運びいただき、医療・医学の魅力について実感していただけますよう、実行委員一同お待ちしております。

第24回東北大学医学祭実行委員会 一同

開催テーマに込めた意味

今回の医学祭では、対象年代をお子様にまで広げた前回を踏襲しつつ、地域の皆さまとの繋がりを大事にした祭り作りを目指しております。老若男女、幅広い年代の方々にご来場いただき、医学・医療が皆さまの生活と密に関わっていることを実感していただければと考えております。
また2019年は、当医学部が位置します仙台市にとって、市政130周年・政令指定都市移行30周年の節目の年でもあります。このことから、「杜の都仙台」にふさわしい緑をテーマカラーに定めました。仙台だけでなく、近隣の市町村、また遠方からもお越しいただけますよう、魅力ある医学祭作りに邁進して参ります。

開催概要

日程

2019年10月13日(日)・14日(月 祝)
現時点では詳しい時間等については未定です。正式決定後、お知らせいたします。

場所

東北大学星陵キャンパス
宮城県仙台市青葉区星陵町2-1

東北大学医学部へのアクセス

星陵キャンパスマップ

※駐車場は利用できません。公共交通機関を利用してお越し下さい。
※9日は市内交通機関の混雑などが予想されます。

主な対象

一般市民の皆様(お子様・学生・高齢者すべての方)

※医学祭紹介のため、取材(写真撮影)が行われます。

会場スタッフの様子などを中心に撮影いたしますが、どうしても参加者の方々が映り込んでしまうことがあります。撮影データは、後日webページやSNSや冊子などで公開することになりますので、参加前にご了承いただくか、撮影しているスタッフ(白か青の腕章をしています)にお声掛けくださいますようお願い致します。

主な企画(随時更新)

「医療が結ぶ地域の輪」とのテーマ通り、地域の皆さまと医学・医療との繋がりを意識した企画をご用意できるよう準備しております。詳しい情報は随時更新いたしますこちらのWebサイト、また医学祭実行委員会公式SNS(Twitter・Facebook)でご確認下さい。

医学祭Facebook

医学祭Twitter

医学祭開催までの様子など

医学祭Twitter

お問い合わせ先

第24回東北大学医学祭 実行委員会

E-mail: TohokuMedFes*proj.med.tohoku.ac.jp(送信時は*を@に変えてください)

東北大学医学部教務課 学部教務係

Tel:022-717-8009

pagetop