東北大学医学祭

第23回 東北大学医学祭(終了しました)

第23回 東北大学医学祭ロゴ

2016年10月9日、10日と2日間開催をいたしました東北大学医学祭へ、たくさんのご参加をいただきまして誠にありがとうございました。 実行委員一同、心より感謝申し上げます。
次回開催が決定した際には、また医学部webサイトなどで告知させていただきます。以下、次回開催までの参考として、掲載を続けておきます。

今後も、東北大学大学院医学系研究科・医学部をよろしくお願いいたします。

ご挨拶

東北大学医学祭は、市民の方々と医学部生との交流の場として、終戦以来約三年に一度開催されてきた伝統あるイベントです。現在10月に迫る医学祭に向け、医学科・保健学科合わせ実行委員70名強で日々奔走しています。
今回の医学祭のテーマは“医親伝心”です。老若男女幅広い世代の皆様に医学に親しんでいただけるように、たくさんの企画をご用意しております。子供向けの企画はこれまで少なかったこともあり、人体模型組み立て競争を前回に引き続き実施するほか、ぬいぐるみを患者さんに見立てて少し本格的な“お医者さんごっこ”をすることで体や健康に興味を持ってもらうことを目指した『ぬいぐるみびょういん』を今回新たに企画するなど、特に充実を図っております。
また、今年2016年は震災から五年の節目の年に当たります。今回の医学祭では災害時・緊急時の医療に関しても力を入れており、トリアージを学ぶコーナーや本物の救急車の中が見学できるコーナーを新たに企画しているほか、これまでご好評をいただいていた救命救急のコーナーでは、心肺蘇生の練習に加え外傷時の対応など体験していただける内容がより多くなりました。
その他にも、講演会や様々な体験型企画など、市民の皆様に必ず楽しんでいただけるプログラムを数多くご準備しております。ぜひ当日は星陵キャンパスに足をお運びください。実行委員一同、お待ちしております。

第23回東北大学医学祭実行委員会 一同

What’s 医親伝心?

今回のテーマである“医親伝心”には、

  • 来場者の皆様により医療に親しんで(医親)いただける医学祭となるように
  • 来場者の皆様と心を通わせ(伝心)られる医学祭となるように

の二つの意味が込められています!

地域の皆様と学生が直接触れ合いながら、医学、医療についてお互いの理解を深めることが出来る医学祭にできればと考えております。

開催概要(終了しました)

日程

2016年10月9日(日)から10月10日(祝)
両日とも10:00-17:00

場所

東北大学星陵キャンパス
宮城県仙台市青葉区星陵町2-1

東北大学医学部へのアクセス

星陵キャンパスマップ

※駐車場は利用できません。公共交通機関を利用してお越し下さい。
※9日は市内交通機関の混雑などが予想されます。

主な対象

一般市民の皆様(お子様・学生・高齢者すべての方)

※医学祭紹介のため、取材(写真撮影)が行われます。

会場スタッフの様子などを中心に撮影いたしますが、どうしても参加者の方々が映り込んでしまうことがあります。撮影データは、後日webページやSNSや冊子などで公開することになりますので、参加前にご了承いただくか、撮影しているスタッフ(青い腕章をしています)にお声掛けくださいますようお願い致します。

主な企画(随時更新)

医学を身近に感じていただけるような企画をたくさん用意できるよう準備しております。 詳しい情報は、こちらのWEBサイトでご確認ください。順次更新いたします。また、医学祭Facebookなどもご参照いただければ、と思います。

医学祭Facebookページ

  1. 市民公開講座

    場所:医学部1号館第1講義室
    東北大学医学部の先生による講座を開催します。医療への関心の高まりから様々な情報が世間に溢れている中、ここでは本当に正しい知識を得ることができます。医学部の授業の雰囲気も味わえるまたとない機会です。

    • 10/9(日)

      Ⅰ 10:30~12:00
      東北大学病院における医療安全活動 ~成果と課題
      演者:医療安全推進室長 藤盛 啓成 先生

      Ⅱ 13:00~14:30
      生活習慣病予防・治療のための ホルモン学のすすめ ~健康寿命を延ばし認知症を避けよう!~
      演者:難治性高血圧・内分泌代謝疾患地域連携寄附講座教授 佐藤 文俊 先生

      Ⅲ 14:40~16:10
      学び続ける脳~多様な学びのしくみを探る~
      演者:生体システム生理学分野教授 虫明 元 先生

    • 10/10(月・祝)

      Ⅰ 10:30~12:00
      癌の子どもの未来を見据えた ケアのあり方
      演者:小児看護学分野教授 塩飽 仁 先生

      Ⅱ 13:00~14:30
      認知症の克服 ~今できること・これから考えるべきこと~
      演者:老年医学分野教授・老年科長 荒井 啓行 先生
      老年医学分野 冨田 尚希 先生、石木 愛子 先生、工藤 幸司 先生

      Ⅲ 14:40~16:10
      感染症から未来を守る ~抗菌薬を上手に使おう~
      演者:総合感染症科外科医長 具 芳明 先生
      小児医療を志す学生のネットワーク「こどもどこ」

  2. 医療手技体験

    ウェットラボは手術機器、腹腔鏡シミュレーター、生体モニター、電気メス体験4つのコーナーからなっており、医学生にとっても貴重な体験ができます。

    • 手術機器
      手術室ではどんな道具が使われているのでしょうか?実際に使用される外科器具を見て、 触ってみましょう。
    • 腹腔鏡シミュレーター
      腹腔鏡とは体に大きな傷を作らずに手術をするときに使用される器具のことです。こちらでは腹腔鏡手術で用いられる道具を使ってシミュレーションをすることができます。
    • 生体モニター
      手術中の心拍数や血圧を測定するために、患者さんは生体モニターという機具を身 につけます。皆さんも一度付けてみませんか?
    • 電気メス体験
      電気メスは電気の力で組織を切開することができます。今回の医学祭限定企画として、電気メスの使用体験ができます!
  3. 研究者になってみよう!

    場所:医学部1号館3階医化学実習室
    医学部の研究とはどんなものなのかを実際の手技を通じて体験できます。自分の細胞を顕微鏡でみたり、DNAの大きさを測ったりしてみましょう!

    • Ⅰ 自分の細胞を見てみよう [所要時間:約40分]
      私達を構成している細胞はどのようなものでしょうか?実際に自分の細胞を顕微鏡で観察して、その機能について学びましょう。
      開催時刻:10:00、10:45、11:30、13:00、13:45、14:30、15:15
    • Ⅱ 電気泳動をしてみよう [所要時間:約40分]
      DNAを電気泳動という方法で分離します。 DNAの大きさを体感してみませんか?
      開催時刻 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00
    • Ⅲ DNAストラップを作ってみよう [所要時間:約25分]
      小さくて目に見えないDNAを大きくして構造を見てみましょう。 DNAの形をしたストラップを作ってお土産にどうぞ。
      開催時刻 10:00、10:30、11:00、11:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00、15:30、16:00
  4. 学生と語ろう

    場所:医学部6号館カンファレンス室1と2
    医学生と話せる場所です。受験相談から将来のことまでなんでも聞いて下さい!

  5. 出産と子供の発達~私たちが大人になるまで~

    ひとりの人間が誕生し、成長する過程を学べます。産道モデルを使った体験や、器具を用いた妊婦体験を行います。誕生した子供が大人へ成長するまでの過程と、日本における子供の貧困について展示をします。

    • Ⅰ 私たちが生まれるまで

      1) 産道通過体験
      11:00~、14:00~
      産道のモデルを実際に通り、赤ちゃんが生まれてくる過程を体験することができます。

      2) 妊婦体験
      妊婦体験セットを用いて妊娠時の体験をすることができます。

    • Ⅱ 私たちが大人になるまで[所要時間:自由]

      1)子供の発達
      年齢別の遊びから子供の成長の過程を知ることができます。

      2)日本における子供の貧困
      日本の相対的貧困についての展示をご覧頂くことができます。

  6. 生活と救命救急

    場所:艮陵会館ロビー
    いざというときのためにつかえる、生活により近い救急医療の知識を提供します。

    • 1)心肺蘇生[所要時間:約40分]
      会場:艮陵会館地下実習室
      いつどこで出会ってもおかしくない、心停止に対する心肺蘇生の知識を体を動かしながら学べます。
    • 2)外傷対応[所要時間:約40分]
      会場:艮陵会館地下実習室
      骨折をはじめとする身近な怪我の手当ての仕方を練習してみましょう。
    • 3)熱中症対策[所要時間:約20分]
      会場:艮陵会館1階ロビー
      夏季に注意しなければならない熱中症の症状やその対策について展示しています。
    • 4)家庭救急[所要時間:約20分]
      会場:艮陵会館1階ロビー
      誤嚥、窒息、心筋梗塞、脳梗塞などが身近で起きたときの対応を学べます。
  7. 災害医療~トリアージを通じて~

    場所:医学部6号館講堂 [所要時間:約50分]
    震災をはじめとし、現在日本では数多くの災害に見舞われています。災害が起こった時に生命のためにどんな対応がなされるのでしょうか。実演やクイズを通してトリアージの理解を深めましょう。
    開始時刻 10:30、12:30、14:00、15:30

  8. 救急車に乗ってみよう!(10日のみ)

    場所:医学部6号館入口前 [所要時間:約30分]
    仙台市消防局の職員によって、救急車と救急用資機材の説明が行われます。普段見ることのできない救急車の内部もご覧いただけます。
    ※10月10日(月)のみの実施です。

  9. エンターテイメント~星陵体育館会場~

    場所:星陵体育館 [所要時間:自由]
    協賛:Red Bull
    特設ステージにて軽音やダンスのパフォーマンスをします。また、今回はRed Bullの協賛のもと、ブース設営やエナジードリンクのサンプリングを行います。医学生の違った一面を見たい方から気分転換をしたい方までどなたでもお越しください。

    エンターテイメント タイムスケジュール表
  10. エンターテイメント~保健学科会場~

    場所:星陵体育館 [所要時間:自由]
    こちらでは医療に関するクイズや人体模型の組み立てを楽しめます。子どもから大人まで気軽に参加できる内容になっています。

    • クイズ大会
      来場者参加型の医療クイズ大会です。優勝者には景品もあります。
    • ドクターT
      医師と医学部の学生による症例検討企画です。 患者さんが診断されるまでに何が考えられているのかを垣間見れます。
    • 人体模型組み立て
      人体模型の組み立てを通して人間の体に興味を持ってもらうための、子ども向け企画です。
    エンターテイメント タイムスケジュール表
  11. ぬいぐるみびょういん(おいしゃさんになろう!)

    場所:医学部保健学科棟第2講義室 [所要時間:約15分]
    ぬいぐるみを患者さんに見立ててお医者さん体験をします。体や医療に興味を持ってもらえるような体験を織り交ぜます。幼稚園、保育園から小学校低学年までの子どもを対象とした企画です。

  12. 体内年齢を調べよう!

    場所:医学部保健学科棟第3講義室
    自分の体の重心バランスや活動量、血管年齢を測定します。自身の体について調べてみましょう。

    • ⅰ 身体バランス年齢測定[所要時間:約5分]
      Wii Fitを用いてバランス年齢、BMI、運動能力を測定します。
    • ⅱ 歩行測定[所要時間:約5分]
      活動量計を付けて歩行してもらい、消費カロリー、歩数、歩行距離、歩幅を測定します。
    • ⅲ 血管年齢測定[所要時間:約5分]
      指から脈波を読み取って、血管の弾性を測定します。
  13. 模擬店

    場所:1号館前、星陵会館前など屋外
    東北大学学生や大学関係者が模擬店を出店します。おやつからお昼ごはんまで幅広く取り揃えておりますので、お腹が空いたときは是非ご来店下さい。

    模擬店一覧表
  14. サイエンティフィック・イラストレーションの世界

    場所:星陵会館1階ホール [所要時間:自由]
    主催:SciMeCLab/共催:日本メディカルイラストレーション学会設立準備委員会
    協力:Tane+1
    サイエンティフィック・イラストレーションとは、科学的事実に基づいて忠実に描かれるイラストのことです。サイエンティフィック・イラストレーションの世界やその美しい作品を紹介します。

  15. 医学部の図書館へようこそ!

    場所:東北大学附属図書館医学分館 [所要時間:自由]
    普段は中々訪れられない医学部の図書館を覗いてみませんか?ここでしか見られない貴重な資料を展示します。また、医学部生のカリキュラムや教科書も紹介しています。

特別講演会(著名人による講演)

場所:星陵オーディトリアム2階講堂

学外から著名な先生方をお招きし、貴重な講演をしていただきます。 示唆に富んだ素晴らしい講演を是非聞きにいらしてください!

講演会整理券について

講演会に先立ち、整理券の配布を星陵会館1階にて行います。整理券はひとり4枚までで、250枚用意します。当日整理券が捌けてしまった場合でも、空席ができたら追加で入場できるようにする予定です。
時間は以下の通りです。(整理券を持っている方は30分前から入場できます。)
※荻田和秀先生の講演会は開場から30分後にスタートするため、整理券の配布は行わず、先着順の入場と致します。

  • 天野 篤 先生
    10月9日 10時から
  • 臼井 律郎 先生
    10月10日 10時から
  • 10/9(日)13:30~15:00(時間が変更になりました)
    順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野 篤 先生
    演題 「教科書を書く医師から、教科書に載る医師へ」
    2002年より順天堂大学医学部心臓血管外科教授を務められており、オフポンプ冠動脈・バイパス術の第一人者として名高い先生です。その手腕を買われ、2012年2月には東大病院で行われた天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀し、見事成功を収められました。
  • 10/10(祝・月)10:30~12:00
    りんくう総合医療センター周産期センター産科医療センター長兼産婦人科部長 荻田 和秀 先生
    演題 「奇跡のすぐそばにいるということ~周産期医療を喋り倒す~」
    長年大阪府泉州地域で周産期医療にご尽力され、2014年には日本でまだ6例しか実施の報告がない死戦期帝王切開にご成功されました。漫画『コウノドリ』の主人公のモデルとしても有名な先生で、産婦人科医であると同時にジャズピアニストとしてもご活躍されています。
  • 10/10(祝・月)13:30~15:00
    国境なき医師団日本 元会長 臼井 律郎 先生
    演題 「発展途上国の現状と国境なき医師団の活動」
    1984年東北大学医学部卒。94年に国際赤十字からパキスタンに派遣されて以降、紛争地域をはじめとした様々な地域で医師として奮闘され,2005~07年には国境なき医師団日本会長として世界各地の医療・人道援助活動の最前線で御活躍なされました。
講演会中継について

1号館第2講義室は休憩場所となっておりますが、講演会をスクリーンに映して中継致します。講演会場が満員となってしまった場合には、第2講義室をご利用ください。

医学祭開催までの様子など

医学祭Facebookページ

  • 写真:前回の医学祭の様子

前回の医学祭の様子です。左上から救急救命体験、エコー検査の説明、細菌・ウイルスについての説明、スキルスラボでの医療手技トレーニングになります。他にも模擬店やライブパフォーマンスなどの企画もありました。

お問い合わせ先

第23回東北大学医学祭 実行委員会

E-mail: fes23rd*proj.med.tohoku.ac.jp(送信時は*を@に変えてください)

東北大学医学部教務課 学部教務係

Tel:022-717-8009

pagetop