キャンパスライフ

星陵キャンパスの施設

最先端の医療現場を中心とした様々な施設群

東北大学では全学教育を川内キャンパスで受けながら、並行して一年次から星陵キャンパスで専門教育を受けます。
星陵キャンパスは仙台の中心部に位置し、西公園やせんだいメディアパークなどの文化施設や、東北一の繁華街である国分町へも程近いため、学習以外の活動にも便利です。
2015年12月には仙台市営地下鉄東西線が開通し、市内各地へのアクセスがより便利になりました。

  • 医学部1号館

    講義堂や大学事務があり、医学部のメインとなる建物です。
  • 医学部保健学科棟

    保健学科の各種講義・実習を行います。
  • 東北メディカル・メガバンク棟、医学部6号館

    2014年に完成。行動の他、カンファレンス式グループ学習室が多数あり、少人数教育を行います。
    また、「個別化医療」と「個別化予防」の発展を目指す東北メディカル・メガバンク機構があります。
  • 艮陵会館 東北大学クリニカル・スキルスラボ

    東北大学クリニカル・スキルスラボは医療技術の最新トレーニング施設です。
    シミュレーター(トレーニング教材)や実際の医療機器などが整備されています。
    学生や医療者が繰り返し安全に臨床現場における一連の流れをトレーニングできますので、医療技術の実践に自信がつきます。
    また専任の管理者がいますので、利用上の様々な相談に応じられます。
    地域で活躍する医療人、介護技術を学びたいご家族の方々にも広く開放しており、地域医療の向上と発展も期待されています。
  • 附属図書館医学分館

    医学関連の専門図書館で、多くの外国雑誌も収集しています。
  • 星陵会館(厚生施設)
    医学部開設百周年記念ホール ─星陵オーディトリアム─

    2015年夏、長い間学生たちに親しまれてきた「星陵会館」(厚生施設)の改修と、「医学部開設百周年記念ホール ─星陵オーディトリアム─」の建設が終了しました。
    新しく生まれ変わった星陵会館には、リニューアルした食堂、売店、会議室に加え、カフェや自習室も備えられています。
    星陵オーディトリアムは座席数280のホールを有し、白衣式、学位授与式などの学内のイベントで使用されています。
星陵地区地図

アクセスマップ

キャンパスライフ一覧へ戻る

pagetop