東日本大震災に関連した研究活動

東日本大震災は、太平洋沿岸部を中心に東北地方に住む人々の生命・健康に多大な影響を与えました。東北大学大学院医学系研究科は、最大の被害を受けた県である宮城県唯一の医学部を擁する大学として、多くの被災と向き合ってきました。その過程は、一部既に記録集としてまとめていますが、この被害を広く伝え、データを残すことにより後世に活かしていくためにも、研究発表等は欠かせません。
本ページでは、東北大学大学院医学系研究科のメンバーが参画して行った東日本大震災に関係する研究等について、和文・英文による査読論文発表・総説を中心にまとめています。

日本語の総説などについては、こちらのページへ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

pagetop