トップ > 学内情報・教務情報

学内情報・教務情報

EAST

EASTとは(Excellent and Advanced [Internal Network] System for Tohoku University, Medical Campus)の略で、Webブラウザから利用できる情報連携支援ツールです。

このシステムを利用して、事務管理情報の伝達を経費と時間の両面から節減し、管理体制を合理化しています。

学内からのアクセス
http://portal.med.tohoku.ac.jp/

学外からのアクセス
https://portal.med.tohoku.ac.jp/

新規利用者向けマニュアル
http://portal.med.tohoku.ac.jp/man/quickstart/

問い合わせ先
http://portal.med.tohoku.ac.jp/EASThelp.html

共通機器室

共通機器室は、医学系研究科内において共通性の高い機器を集中管理し、研究の充実と便宜を図るため、1989(平成1)年に設立、運営が開始されました。 共通機器室では、実験機器の効率的な利用を推進するため、予約管理システムを導入しております。 実験機器の利用状況の確認、利用登録等に関しては、以下の予約管理システムのページでご確認下さい。

http://www.brc.med.tohoku.ac.jp/


お問い合わせ:1号館2階共通機器室
brc*med.tohoku.ac.jp (「*」を「@」に変換してください)

東北大学クリニカル・スキルスラボ

シミュレーターなどを使用して実際の医療現場を模した疑似環境を提供し、医学部生・医師・看護師等の臨床技能教育を安全かつ効果的に行うことができます。臨床現場を反復して再現でき、臨床技能習得のレベルを上げるとともに、学習へのモチベーションを高める効果もあり、教育的有効性は非常に高いことが知られています。
また本ラボでは、各種シミュレーターを使用した実技教育を行うだけではなく、ハーフミラーを設置し医療面接でのコミュニケーション能力向上に特化した、医療面接室なども用意しています。

機器詳細や利用についてなどは、東北大学クリニカル・スキルスラボページでご確認ください。
http://www.csl.med.tohoku.ac.jp/


お問い合わせ:東北大学病院卒後研修センター
hos-sotu*bureau.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
TEL: 022-717-7765
FAX: 022-717-7143

ラジオアイソトープセンター

医学部ラジオアイソトープセンターは、旧医学部放射性同位元素中央実験室(昭和41年開設)、臨床分室(昭和49年開設)、基礎分室(昭和51年開設)を統合し、昭和60年2月に地下1階、地上4階、延面積1601m2の星陵地区(医学部、歯学部、加齢医学研究所)共同利用のセンターとして新たに開設されました。星陵地区におけるラジオアイソトープを用いた医学、生物学的研究に頻繁に利用されています。

センター詳細

取扱者登録・提出書類
http://www.ricenter.med.tohoku.ac.jp/


お問い合わせ:ラジオアイソトープセンター
ricenter*med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
TEL: 022-717-8171