障害科学専攻 特集

肢体不自由学分野修了
(現: 東北福祉大学健康科学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
田邊 素子 准教授

大学院での研究テーマについて教えて下さい。

修士課程では「高齢者の片脚立ち動作における姿勢制御の分析 −家庭用ビデオを使用した分析−」のテーマで、高齢者の片脚立ち動作のタイプ判別と運動機能について検討しました。博士課程では、「介護予防ケアマネジメントにおけるコーチングスキルの応用 −保健師等に対するコミュニケーション研修の効果−」のテーマでコーチングの介入効果を、専門職自身およびその担当高齢者にて検討しました。

東北大学の障害科学専攻の特色は何でしょうか?

多様な人材、様々な職業的背景をもつ人々が集まり、日本のリハビリテーション医療を支える重要な研究が行われている場であると感じております。私が所属していた肢体不自由学分野では臨床的なテーマを中心に幅広い研究活動が行われ、多くの知見を得ることができました。この経験が生かされ、学際的な研究にも今は臆することなく参画できるようになったと思います。

修士課程と博士課程では、研究についての姿勢などに変化はありましたか?

修士課程では研究の方法論を身につけることに主眼をおいて過ごしましたが、余裕がなかったように思います。博士課程では、研究手法に加えて教室内外の交流から、研究者としての視点を意識できる経験ができました。研究が順調な時、不調な時の波もあり、より真摯に取り組まねばと思うようになりました。

教育職や研究職を目指す方へのメッセージをお願いします。

大学教員になった当初は授業や学事に追われ瞬く間に時間が過ぎてしまいました。社会の変化にアンテナをはりつつ、研究資金獲得、研究協力者や助言者を求め、教育・研究をバランス良くマネジメントする能力が必要だと痛感しました。教育・研究は、双方ともやりがいのある仕事です。教育職・研究職として目標を追求する熱意を持ち、自身の能力を発揮し続けること一番大切だと思います。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop