障害科学専攻特集

運動学分野 修士1年
千葉 一平さん

東北大学の障害科学専攻を選んだ理由を教えてください。

私は普段、理学療法士として病院に勤務しています。高齢であったり疾患や障害がある人の運動に関する研究を行いたいと思い、東北大学の門を叩きました。中でも医学的な視点から運動を考える事ができ、世界でも最先端の研究実績を持つ障害学専攻が最適であると考えました。障害科学専攻には医師や看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師のほか様々な専門職が在籍しており幅広い知識・視点を得られる事も魅力の一つであると思います。

就職活動はどのようにおこなったのですか?

大学院生間の情報共有が役に立ったと思います。前任の大学には、研究仲間から研究教育職の情報を得て、在学中でしたが助手として就職しました。その後現職には、指導教授から情報を得て応募し現在に至ります。

どんな研究をしていますか?

脳卒中患者さんの運動時の代謝に関する研究を行っています。本格的な研究はこれが初めてですが、研究内容や測定方法など永富教授や在籍する先生方の助言をいただく事ができて円滑に進める事ができます。また、測定機器も充実しているため臨床では中々できなかった研究のアイディアも浮かんできます。

大学院生活を振り返っての感想をお願いします。

最大の利点は臨床での疑問を研究に落とし込める事であると思います。当然研究は臨床だけでも可能ですが研究室内で吟味する事で広い視点から研究を行う事ができます。研究をすると当然臨床にもその知識が生き、臨床と研究の相互作用により専門職としてスキルアップが図れます。臨床にはない刺激を得られるのも利点の一つであると思います。大変な点として、研究と仕事・家庭との両立をするために以前よりは明らかに忙しさが増しています。休みを利用しての通学にあたっては職場の理解も大切な点であると思われます。

研究室での一日の生活はどのようなものですか?

普段は病院に勤務しており、火曜日に授業を受けています。教授による研究の進め方や論文の読み方に関する授業、教室のミーティングでの研究報告会があります。研究報告会は様々な分野の話を聞く事ができとても刺激的な場です。空いた時間で研究の進め方や内容について教授と面談して相談するほか、メールでの相談もできるため働きながらでも研究を進めていけます。

社会人学生として研究をすることの利点・大変さを教えて下さい。

最大の利点は臨床での疑問を研究に落とし込める事であると思います。当然研究は臨床だけでも可能ですが研究室内で吟味する事で広い視点から研究を行う事ができます。研究をすると当然臨床にもその知識が生き、臨床と研究の相互作用により専門職としてスキルアップが図れます。臨床にはない刺激を得られるのも利点の一つであると思います。大変な点として、研究と仕事・家庭との両立をするために以前よりは明らかに忙しさが増しています。休みを利用しての通学にあたっては職場の理解も大切な点であると思われます。

受験を考えている方へのメッセージをお願いします。

私も受験を決意するまでには時間がかかりました。正直両立していけるか不安もありましたが、今は入学して本当によかったと思っています。体力と熱意があれば社会人でも十分に研究を行えますし、バックアップ体制が整っています。障害科学専攻で視野を広め、社会に貢献できる研究を行っていきましょう。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop