大学院特集2016 医科学専攻

土田恒平 さん
2016.5
自分にあった研究室で、自分の力を最大限に引き出そう
医化学分野(D4)
土田 恒平さん

東北大学の大学院を選んだ理由を教えてください。

私は本学の保健学科の出身で、当研究室にて卒業研究を行いました。卒業研究の短い期間では十分な解析ができず、さらに突き詰めた研究に取り組みたいという想いから進学を決意しました。研究環境が充実しており、また、一流の研究者の方々と交流できることも決め手の一つでした。

どんな研究をしていますか?

転写因子Nrf2の研究に携わっています。この遺伝子は、正常細胞においては、がん化の予防にはたらきますが、その一方で、がんの進展に関与する局面も併せ持っています。発がん過程におけるNrf2は、まさに諸刃の剣であり、大変興味深い遺伝子です。私は現在、分子生物学的手法とマウス発生工学的手法を用いて、マウス個体レベルで、がんの進展におけるNrf2の機能解析を行っています。

研究室での一日の生活はどのようなものですか?

実験がメインですが、研究室内の進捗報告会や論文抄読会にも参加しています。当研究室には様々なバックグラウンドの研究者が在籍しており、また、それぞれの研究内容も多岐にわたります。それによって、様々な知識を吸収することができ、非常に刺激的な毎日を送っています。研究室外の活動としては、外部講師によるセミナーを受講し、情報収集にあたっています。

受験を考えている方へのメッセージをお願いします。

研究室訪問をしてみることが大事だと思います。研究テーマを知ることはもちろん、どのような人が所属していて、どのような雰囲気で研究を進めているかを自分の目で確認することをお薦めします。自分にあった研究室で実験に取り組むことにより、自分の力を最大限に引き出すことができると思います。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop