大学院特集2017 医科学専攻

菊地 飛鳥さん
2016.11
挑戦してみることで見えてくるもの
サイクロトロン核医学研究部
菊地 飛鳥さん

東北大学大学院医学系研究科を選んだ理由を教えてください。

私は分子イメージングに興味があったため、東北大学大学院医学系研究科では専門のコースを開設していて、そこで分子イメージングについて深く学べると考えたからです。医学だけでなく、物理学、工学、薬学といったほかの関連分野についても高いレベルで研究を行っているところも選んだ理由の1つです。さらに医学系研究科にはさまざまな領域のバックグラウンドを持った人もおり、そのような人たちと交流することができるところにも惹かれました。

オープンラボは進路を決める上で役立ちましたか?

オープンラボでは最大3つの研究室まで見学希望を出すことができるため、興味がある分野について多くのことに触れることができます。第一線で活躍されている先生方から研究の基礎的なことから最先端のことまで教えてもらうことができました。さらに、実験設備や研究室の様子も知ることができ、進路を考える上で大変参考になりました。

研究室での一日の生活はどのようなものですか?

一日中拘束されるような実験はほとんどないため、結構自由に一日のスケジュールを組むことができます。前期は基礎や臨床に関する講義を取り医学知識を増やすようにしていました。空いた時間は研究室で与えられた課題をこなしていました。後期から本格的に研究を行っています。研究室の先輩方からデータ解析に関する知識や解析法を教えてもらいながら、また助言をいただきながら研究と向き合っているところです。

受験を考えている方へのメッセージをお願いします。

何事も挑戦してみることで見えてくるものがあります。研究ってなんだろう、自分はついていけるのか、不安を抱えている人はいると思いますが、研究を通して学ぶことが必ずあるはずです。学問的なことだけでなく、物事に取り組む姿勢や考え方といったことについても自分が知らなかった発見があります。ぜひ一歩を踏み出して自分の可能性に挑戦してみてください。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop