大学院特集2017 医科学専攻

家子 義朗さん
2016.11
がん治療を支える医学物理士になるために
放射線腫瘍学分野
家子 義朗さん

東北大学大学院医学系研究科を選んだ理由を教えてください。

癌の三大治療の一つである放射線治療に興味があり、医療現場における放射線物理の専門家である医学物理士になりたいと考えていたので、医学系研究科の医学物理士養成コースのある研究室に入ろうと考えました。そこで、臨床経験が豊富で研究実績もある医学物理士の教員の方が在籍し、国内外での学会発表や論文投稿を積極的に行っている現在の研究室を選びました。

Q. オープンラボは進路を決める上で役立ちましたか?

非常に役立ちました。学科の先生に勧められてオープンラボを利用したのですが、教員の方が丁寧に研究室紹介をしてくださり、さらに臨床業務の見学もさせて頂き、研究室見学によって初めて知ったことも多かったので、非常に有意義な研究室見学となりました。オープンラボのお陰で知りたい情報を取得でき、それによって大学院進学の決意が固まったので、利用して良かったと強く感じました。

研究室での一日の生活はどのようなものですか?

基本的には一日中研究をしておりますが、医学物理士養成コースのカリキュラムとして星陵キャンパスだけではなく、物理学を学ぶために青葉山キャンパスの講義も受講しています。また、実習として医学物理士業務の補助も行っており、研究のノウハウに加えて臨床業務についても学べる環境下で、日々勉強や研究に励んでいます。現在は、4D-CTとdeformable image registrationを用いた肺機能画像に関する研究を主に行っています。

受験を考えている方へのメッセージをお願いします。

志望する研究室が決まっている方もそうでない方も、一度研究室見学をすることをお勧めします。私も実際に見学をしたことで大学院での研究のモチベーションや、大学院受験の勉強の意欲が高まりました。自分が思っているよりもまだまだ知らないことはたくさんあると思いますし、オープンラボは医学研究における視野を広げたいという方の背中を押してくれるものだと思いますので、是非オープンラボを活用してみてください。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop