大学院特集2017 医科学専攻

細川 大瑛さん
2016.11
研究者や研究領域の指導者を目指して
高次機能障害学分野
細川 大瑛さん

東北大学大学院医学系研究科を選んだ理由を教えてください。

東北大学大学院医学系研究科は、各研究分野を世界的に牽引されている先生方や臨床で活躍されている先生方が多く在籍され、最新の注目されている研究から臨床現場での話題まで幅広く知識を得ることができます。また、多様な職種でそれぞれの目標をもつ大学院生が熱心に研究に取り組んでおり、互いに励まし協力し合って成長していくことのできる環境が魅力的です。先生からのアドバイスが受けやすく、研究者や指導者となるための教育環境が充実していると感じました。

オープンラボは進路を決める上で役立ちましたか?

オープンラボでは症例検討会や論文輪読会を見学することができました。活発で多面的な討論がなされ、教室内の充実した研究活動の様子を感じることができました。先生方とゆっくり進路相談をする時間や、在籍する大学院生と交流する時間をいただくことができ、進学に関する相談をしたり学生生活の様子を聞いたりすることができました。オープンラボで仲良くなった先輩がいることで、入学後もスムーズに研究室の輪に入っていくことができたと思います。

研究室での一日の生活はどのようなものですか?

私は現在、東北大学病院を中心に臨床研究を行っていますので、午前中に研究のためのデータをとりに行ったり、先生について病院内にいたりすることが多いです。午後は症例検討会に参加したり、関係する論文や文献を読んだりしています。また、在籍している研究室の学生でなくても参加できるセミナーや勉強会があれば、興味のあるものには積極的に参加するようにしています。空き時間を見つけると医学分館の図書館を利用しています。

受験を考えている方へのメッセージをお願いします。

東北大学大学院医学系研究科は、先生方から指導を受ける環境が非常に整っており、研究者や各領域の指導者を目指して成長できる場所だと思います。そして、多様なバックグラウンドをもつ仲間と充実した研究生活を共有できることは、卒業後の仕事のとても大きな良い基盤となると思います。ぜひ東北大学医学系研究科でともに知識を深め、これからの医療福祉に貢献するため成長していきましょう。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop