公衆衛生学専攻特集

医学統計学分野
山口 拓洋 教授

どのような研究テーマで研究をされていますか?

医学統計学(生物統計学、医療統計学などとも呼ばれます)とは、基礎・臨床・疫学といった医学研究において、どうデータをとるか(調査計画・実験計画)、どう解析するか(統計解析)の方法論を提供する応用学問です。日本では医学研究に関わる統計家の数が極端に少なく、本分野は医学統計学が学べる数少ない教室の一つです。
主な研究テーマは以下の通りです。

  • 医学研究(臨床研究、疫学研究など)デザインの開発と評価
  • 医学データに対する統計解析手法の開発と評価
  • データマネジメントを含めた医学情報マネジメントに関する研究
  • 医学データベースの利用に関する研究

公衆衛生学専攻の特徴を教えて下さい。

本邦における高齢化社会の到来やゲノム情報の氾濫などの様々な問題に対処すべく、従来の健康科学、社会医学などの枠組みを超えた、高度な専門性と高い倫理観を持ち合わせた研究者を育成するところです。本専攻の特徴として、従来の公衆衛生大学院で行われていた教育研究はもちろんのこと、東北大学病院臨床研究推進センターや東北メディカル・メガバンク機構などの協力による最新の臨床研究やゲノム科学研究の展開を見据え、常に臨床現場を意識し、学内外の様々な組織や研究者と連携した教育研究が行われている点が挙げられます。

どのような学生を求めていますか?

自らの専門性と役割を十分に認識し、他分野の研究者との協調性を重視しながら、アクションに結びつくような研究を行いたい、そう考えている学生さんを希望します。知識を鵜呑みにせず、何事も常に考えるという姿勢を持っている学生さんが好きです。

公衆衛生学の学位(MPH)は世界でどのように受け止められていますか?

保健・公衆衛生行政や国際保健、臨床研究などの領域では国際的に高く評価される学位です。

※所属や職名などは、記事発表当時のものとなっております。

一覧へ戻る

pagetop