2012年11月12日

遺伝子診療を患者に寄り添って支える専門家:認定遺伝カウンセラーを大学院で養成‐遺伝カウンセリングコースの新設について‐

 東北大学大学院医学系研究科では、平成25 年4 月に認定遺伝カウンセラーの養成コースを新たに開設します。 ゲノムに関する最新の知識を有し、優れたコミュニケーション能力を備え、かつ患者・家族の立場にたって協働できる高度医療専門職である認定遺伝カウンセラー(CGC: Certified Genetic Counselor)の養成のためのコースで、北日本1 道6 県にて初めての養成専門課程となります。 本コースでは、本学の保健学科卒業生など医療保健、生物学科卒業生などの生命科学系の出身者を主な対象として募集します。加えて医療系国家資格の既有者の社会人入学者も考慮し、大学院医学系研究科医科学専攻修士課程(40 人)の一部として若干名を募集します。

pagetop