2008年11月21日

インスリン分泌細胞を増殖させる神経ネットワークを発見

東北大学大学院医学系研究科創生応用医学研究センター・片桐秀樹教授、分子代謝病態学分野・岡芳知教授のグループは、肝臓からの神経ネットワークにより膵臓のインスリン分泌細胞(β細胞)が増殖することを発見し、さらにこの仕組みを刺激することで糖尿病を治療できることを見出しました。この研究成果は、米国科学誌サイエンス(米国時間11 月21 日号)に掲載が予定されております。

pagetop