2014年8月1日

がん細胞だけを攻撃する抗体作製技術の開発 〜副作用のない抗体医薬品の開発が可能に〜

 東北大学大学院医学系研究科の加藤幸成教授(地域イノベーション分野)らの研究グループは、がん細胞に高発現するムチン型糖蛋白質ポドプラニンに対するがん特異的抗体(CasMab;キャスマブ)を作製することに成功しました。一般的に、がん細胞に高発現する膜蛋白質は正常細胞にも高発現していることが多く、がん細胞だけを攻撃する抗体医薬品を戦略的に作製することが困難な原因となっていました。本研究により、がん細胞と正常細胞の両方に発現している膜蛋白質に対しても、がん細胞だけに反応し、副作用のない抗体医薬品を開発することが可能となりました。
 本研究結果は、8月1日午前10時(日本時間同日午後18時)、英科学誌Scientific Reports(サイエンティフィック・リポーツ)の電子版に掲載されました。

pagetop