2014年11月10日

血小板上の受容体「CLEC-2」は糖鎖とペプチド鎖の両方を認識

独立行政法人理化学研究所グローバルクラスタ(玉尾皓平クラスタ長)糖鎖構造生物学研究チームの山口芳樹チームリーダー、長江雅倫研究員と、東北大学大学院医学系研究科地域イノベーション分野の加藤幸成教授、金子美華准教授らの共同研究グループは血小板上の受容体「CLEC-2」が、糖タンパク質「ポドプラニン」と結合する際に、糖鎖とペプチド鎖の両方を認識することを発見しました。また、マムシ毒の「ロドサイチン」と結合する際には、ペプチド鎖のみを認識することを発見しました。

今回の成果は、これまで不明な点が多かったO-結合型糖鎖の生理的機能を理解する上で重要な知見となります。また、ペプチド鎖は糖鎖に比べ簡単に合成できるため、糖鎖を模倣したペプチド性薬剤の設計やがん転移を抑制する抗体医薬品の開発など、薬学・医療分野への応用が期待できます。

本研究成果は、米国の科学雑誌『Structure』オンライン版(11月6日付け)に掲載されました。

pagetop