2014年9月13日

佐藤光源名誉教授(精神神経学分野)が世界精神医学会から”Jean Delay Prize”を授与されました

世界精神医学会(World Psychiatric Association, WPA)は117カ国、135学会、20万人の精神科医で構成される世界最大の学会で、日本精神神経学会も加盟しています。



世界大会は3年ごとに開催され、精神医学の研究と医療において卓越した精神科医を表彰しています。今回の佐藤光源名誉教授の受賞は、てんかんと精神病性障害の病態解明に加え、精神分裂病の病名変更と疾患概念の刷新により人道的な精神医療の向上に貢献したことによります。



"Jean Delay Prize"はクロルプロマジンを初めて臨床応用したフランスのJean Delay博士にちなんだ賞で、世界精神医学会で最も伝統的で名誉ある賞です。

佐藤教授の受賞講演Delay Lectureは、第16回世界精神医学会マドリッド大会の開会式(2014年9月13日)で行われました。

pagetop