2016年10月17日

Balo型同心円硬化症の脱髄機序を解明 -虚血と炎症の相互作用から見えた新しい病態機序-

東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野の青木 正志(あおき まさし)教授らの研究グループは、この炎症性脱髄疾患の一種で、世界でも稀な疾患であるBalo型同心円硬化症について、日本で初めて放射線学的、病理学的に診断確定しました。また、Balo型同心円硬化症では脳虚血性の変化が炎症及び脱髄に先行して生じること、またその結果、中枢神経内で炎症が惹起されるという病気の進行のメカニズムを病理学的に明らかとしました。本研究はBalo型同心円硬化症に限らず、炎症性脱髄疾患の新たな病態解明にもつながる事が期待されます。

本研究成果は、2016年年10月12日米国神経学会誌Neurologyオンライン版に掲載されました。また、本研究は科学研究費補助金(#15K19473、#26293205)の支援によって行われました。

pagetop