2016年11月11日

腎臓病患者で筋肉の萎縮が起きる機序を解明 ‐体内に蓄積する毒性物質が筋肉の代謝変化を引き起こす‐

東北大学大学院医学系研究科の伊藤 貞嘉(いとう さだよし)教授、東北大学大学院薬学研究科の佐藤 博(さとう ひろし)教授らの研究グループにおいて、佐藤 恵美子(さとう えみこ)助教、森 建文(もり たけふみ)准教授らは、腎臓病患者で筋力の低下と筋萎縮が生じる機序を解明しました。

慢性腎臓病は高血圧や糖尿病等の生活習慣病などを原因として慢性に徐々に腎機能が低下する病態であり、今や我が国の成人の8 人に1人が有する国民病です。
これまで慢性腎臓病患者では筋量と筋力の低下が起きやすく、また高齢の腎臓病患者での筋量低下は寝たきりや骨折リスクに加
えて死亡リスクをも高めることが知られていました。しかし腎臓病患者で筋量が低下する原因はよくわかっていませんでした。

本研究では、腎臓の機能が低下することで体内に蓄積する「尿毒素」といわれる毒性物質が筋細胞内の代謝変化を引き起こすこ
とが、腎臓病患者での筋肉量低下の引き金になっていることを明らかにしました。

本研究結果は、腎臓病患者における筋肉量低下を抑制する新たな予防法や治療法の開発につながることが期待されます。また腎臓病以外にも加齢、がん、炎症性疾患など他の原因による筋萎縮の病態解明への寄与も期待されます。

本研究成果は、2016 年11 月10 日午後7 時(現地時間11 月10 日午前10 時)に英科学誌Scientific Reports に掲載されました。

pagetop