2016年11月14日

妊娠高血圧腎症の新規治療薬を発見-流産早産の予防・胎児発育促進も可能に-

東北大学大学院薬学研究科・医学系研究科の髙橋信行准教授らの研究グループは東北大学メデイカル・メガバンク機構、米国のノースカロライナ大学、ハーバード大学及びベイラー医科大学との共同研究により、水溶性ビタミンであるニコチンアミドが、妊娠高血圧腎症、およびそれに伴う流産・早産・胎児発育障害をすべて改善する初の薬であることをマウスモデルを用いて明らかにしました。

 妊娠高血圧腎症は妊娠によって血圧の上昇と蛋白尿を認める疾患で、急速に悪化し、放置すると脳出血等による母体死亡や児の死亡をもたらす危険があります。降圧薬には胎児の発育を障害するため、妊婦に禁忌とされているものが多く、妊婦に投与可能な降圧薬は母体の血圧を下げて、妊娠高血圧腎症による母体死を予防することが可能ですが、妊娠高血圧腎症の本態とも言うべき血管内皮障害による血管内腔の狭小化を回復しません。そのため、現在、妊婦に投与可能な降圧薬による母体降圧は胎児への血流を減少させ、胎児の発育・生命に悪影響を及ぼすことが少なくありません。母児救命のために、帝王切開によって胎児を取り出したり、陣痛促進剤によって出産を誘発したりすることによって、妊娠を中止し、分娩を行わなければならない患者が多数存在するのが現状で、未熟児出産の原因となっています。母体高血圧のみならず、妊娠の維持・胎児発育を改善する薬が長年待ち望まれてきました。

 本研究から、ニコチンアミドはマウス妊娠高血圧腎症において、これらをすべて改善するはじめての薬であることが明らかになりました。ヒト妊娠高血圧腎症患者においても母児の救命・児の発育に福音をもたらすことが期待されます。

 本成果は、2016年11月7日(日本時間8日)に米国Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(電子版)に掲載されました。
 本研究は文部科学省橋渡し研究加速ネットワークプログラム、文部科学省科学研究費補助金、米国国立衛生研究所(NIH)、内藤記念科学振興財団の支援を受けて行われました。

お問い合わせ先:
東北大学大学院薬学研究科臨床薬学分野
担当 髙橋信行
電話:022-795-6807
E-mail:ntakaha*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pagetop