2016年11月15日

公衆衛生学分野・遠又靖丈講師が「長寿科学賞」を受賞

公衆衛生学分野の遠又靖丈講師が、長寿科学賞(第17回若手研究者表彰)を受賞し、授賞式が11月11日 名古屋キャッスルプラザにて行われました。

受賞題目は「日本型食生活は健康寿命の延伸に寄与しうるのか:コホート研究による要介護・認知症との予防的関連の検討」です。


この賞は、長寿科学研究に携わった若手研究者の研究活動を幅広く支援することにより、若手研究者の育成と長寿科学の振興を図ることを目的として創設されたもので、長寿科学研究に関する優れた研究成果をあげた研究者に授与されます。

pagetop