2016年12月13日

埋込み型薬剤徐放デバイスによる網膜色素変性症治療へ ‐医師主導治験前のモデル動物を用いた網膜保護の証明‐

 東北大学大学院医学系研究科細胞治療分野の阿部俊明(あべ としあき)教授らのグループは、網膜色素変性症動物モデル(変異型ロドプシン遺伝子[P347L]トランスジェニックウサギ)に対する薬剤(ウノプロストン)徐放デバイスの網膜保護効果を報告しました。本研究によって、本邦の特定疾患に指定されており、難治性で治療法のなかった網膜色素変性症の治療法開発に貢献することが期待されます。
 本研究成果は、2016年12月1日にInvestigative Ophthalmology & Visual Science誌(電子版)に掲載されました。
 本研究は、文部科学省科学研究費補助金(15H03015)、厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、及び日本医療研究開発機構研究費(15ek0109073h0001、16ek0109073h0002)の支援を受けて行われました。

pagetop