2016年12月15日

糖尿病代謝内科学分野の突田助教が第28回分子糖尿病シンポジウムで研究奨励賞を受賞

この度、糖尿病代謝内科学分野の突田壮平助教が、12月3日富山市で開催された第28回分子糖尿病シンポジウムにて研究奨励賞を受賞しました。

研究題目は、「microRNA-106bとmicroRNA-222は膵β細胞の増殖促進を介して、インスリン分泌低下による糖尿病を改善する」で、今回、糖尿病代謝内科学分野からプレスリリースした研究成果となります。

pagetop