2016年12月22日

全身的な酸化ストレスと緑内障重症度は相関する ‐若年緑内障における抗酸化治療の可能性‐

 東北大学大学院医学系研究科 眼科学分野の中澤 徹(なかざわ とおる)教授、檜森 紀子(ひもり のりこ)助教らのグループは、緑内障患者における全身の酸化ストレスと緑内障視野重症度の関係を明らかにしました

 緑内障は、視神経が障害され視野が狭くなる眼疾患で、有病率が高く、現在失明原因第一位となっております。治療法は、点眼薬や手術によって眼圧を下げることが唯一エビデンスのある治療法となります。しかし、高眼圧の緑内障が多い欧米とは異なり、本邦では正常眼圧の緑内障患者が大半です。更に眼圧コントロールが良好であっても病状が進行する緑内障患者は多いのが現状です。その結果、現在も緑内障による失明患者が増加していることが問題となっております。本研究では、緑内障の眼圧以外の危険因子として、全身の酸化ストレスの関与が初めて明らかになりました。これまで、緑内障を目だけの病気と捉えていたのですが、全身状態が緑内障の重症化に影響するという、新たな疾患概念を提案したことになります。また、全身的な酸化ストレスの軽減が治療の一助となる可能性が期待されます。

 本研究成果は、2016年12月9日British Journal of Ophthalmologyに掲載されました。

pagetop